お掃除犬「いくら」と子供たち 台風19号の爪痕残る海岸を清掃

小学生と砂浜を掃除するいくら
小学生と砂浜を掃除するいくら

 白い砂浜が広がる黒潮町(高知県)の入野海岸で活躍するお掃除犬「いくら」(雌、9歳)が15日、地元の小学生と浜辺を清掃した。いくらは、ペットボトルを口でくわえて回収する作業を5年以上続け、回収数は3千本を超えている。子どもたちはいくらを「先生役」に、故郷の美しい海の大切さを学んだ。

 田ノ口小学校の5、6年生15人は、町のことを詳しく学ぶ「ふるさと科」の授業の一環で参加した。

小学生に囲まれたいくら
小学生に囲まれたいくら

 台風19号の高波で海岸には、ペットボトルや流木、ゴミが打ち上げられていた。子どもたちはいくらと白い砂浜を歩いた。いくらがガリガリと音をたててペットボトルをくわえると、子どもたちも「すごい」などと言いながら、負けないように砂浜に散った。

 30分ほどで空き缶やプラスチックゴミが約10袋分集まった。6年の矢野美沙希さんは「ゴミが多いのにびっくりした。いくらは毎日、すごいことをしているんだと思った」と話した。
(笠原雅俊)

【朝日デジタルに動画】
https://www.asahi.com/video/articles/ASMBH4T55MBHPLPB00B.html

【関連記事】 ふいに黙る愛犬 「いけるぞ」老漁師はテグスを引いた

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。