グラウンドにすみ着いた野良猫 甲子園球児を癒やしで応援

選手たちになでられる猫の「にゃーご」=桑折町
選手たちになでられる猫の「にゃーご」=桑折町

 夏の甲子園に出場する聖光学院野球部のグラウンドに、1匹の猫がすみ着いている。茶色と白のまだらの野良猫に、選手たちがつけた名前は「にゃーご」。厳しい練習を続ける選手たちにとって、日々の癒やしになっている。

 福島大会13連覇を決めた2日後の先月30日、福島県桑折町のグラウンドには、選手たちの元気な声が響いていた。気温が30度を超す中、甲子園に向けて、気を引き締める。

 「あー暑い暑い」。練習の合間、選手たちがグラウンド横の水道に走ってきた。水道の脇で選手たちと並び、茶わんに入った水をおいしそうに飲む1匹の猫がいた。にゃーごだ。

 「かわいいやつやな。よしよし」。選手たちが首をなでると、にゃーごも慣れた様子でゴロンと横になった。

 名前をつけたのは、準々決勝でスライダーを駆使して好投した佐藤楓真君(3年)。「鳴き声がにゃーごって感じなので」

 にゃーごが初めて姿を見せたのは、昨年11月ごろ。バックネットの後ろにある自動販売機の上で、暖を取っていたという。初めは警戒し、夜しか姿を見せなかった。選手たちが近くのスーパーでキャットフードを買って与えると、次第に慣れてきたのか、今では昼でも姿を見せるという。

 選手たちは1日朝、甲子園に向けて出発した。「こいつ、自由なやつなんで。しばらく留守にしても大丈夫なんす」と笑うのは控えの佐藤義敏君(3年)。これから甲子園での本番が始まるが、そんなことは関係ない。今日もにゃーごはグラウンドで寝そべっている。

(小手川太朗)

【関連記事】
「ねこがよろこぶ活動」で「ねころ部」 生徒が真剣に愛護活動

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集 「めざせ20歳!服部幸先生の猫塾」大阪で開催

猫の飼い主さんなら是非知っておきたい、自宅でできる健康管理の方法や、気をつけるべき数値を学びます。正しい知識を身につけて、20歳を目指しましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。