火事だ! 鳴いて知らせたポメラニアン2匹に感謝状、ご褒美も

感謝状をもらったマロン(左)、あずきの2匹と、飼い主の橋本知代子さん(左)
感謝状をもらったマロン(左)、あずきの2匹と、飼い主の橋本知代子さん(左)

 住宅外側のひさし近くで火が上がったのを室内で就寝中の飼い主に知らせ、火災から命を守ったとして、埼玉東部消防組合加須消防署は6日、埼玉県加須市のポメラニアン2匹に珍しい写真入り感謝状を贈った。火災報知機の役目を果たしたお手柄犬をねぎらうのは同組合で初めてという。おやつのご褒美もあった。

 火災があったのは、同市上三俣の橋本亙さん(55)と妻の知代子さん(54)が眠っていた離れ。4月20日午前1時ごろ、電気の取り組み口付近から出火し2部屋ある離れが全焼した。出火当時、離れの別室にいた10歳のマロンと4歳のあずきの2匹が「ワンワン、キャンキャン」とけたたましく鳴いた。

 「いつもとは違うほえ方」と目を覚ました知代子さんが見に行くと、焦げ臭いにおいがして外のひさしが燃えていた。ぐっすり寝込んでいた亙さんを起こし無事に避難したが、知代子さんは「知らせてくれなければ、私たちはこの世にいなかったかもしれない」と振り返った。

 火災の救助で犬を表彰するのは同組合初。感謝状には2匹の写真をあしらい、犬用のビスケットなども贈った。加須消防署の但木則夫署長(57)は「生命に係る事故事案に対応した功績は他の模範であり、心から敬意を表する」とコメントしたうえで「どこの家にも賢い犬がいればいいのですが、それはかないません」と住宅への火災報知機設置を呼びかけた。
(高橋町彰)

【関連記事】
忍びこんだ泥棒 老犬ルーシー、ほえて暴れて、家族に知らせる
人なつっこい秋田犬「マメ」の恩返し お年寄りの保護に一役

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!