猫が2本足で立ち上がる瞬間をとらえた! 面白カワイイ写真集

 人間のように2本足で立つ猫たちばかりを集めた写真集「立ち猫」(ナツメ社)が発売された。猫が立ち上がる、ほんの一瞬を撮影した写真だ。バンザイ、お祈りなどのポーズのほか、片足立ち猫、ダブル立ち猫など、なかなかお目にかかれない猫たちのユニークな一瞬が満載。“こども立ち猫”のコーナーでは、愛らしい子猫たちの立ち姿も見られる。

(末尾に写真特集があります)

「立ち猫」を命名した著者で猫写真家の山本正義さんに、立ち猫の撮影方法や、猫愛について聞いた。

バンザーイ(C)Yamamoto Masayoshi
バンザーイ(C)Yamamoto Masayoshi

撮影のコツは“ネコノミケーション”

――「立ち猫」の写真を撮るようになったきっかけは何ですか?

 猫の写真を撮ろうと、猫のおもちゃやぺんぺん草、猫じゃらしなんかで野良猫たちと遊んでいたら、一瞬立ったように見えたんです。それが人間ぽくて、かっこよくて。立ったのはほんの0.5秒とかだろうけど、その姿に魅了されました。猫の立ち姿を見ると、元気をもらえるので、積極的に撮るようになり、「立ち猫」と命名しました。

――猫の良い写真を撮るコツはありますか?

 僕は“ネコミュニケーション”と呼んでいますが、何よりも猫とコミュニケーションを取ることです。猫をものや動物として見ないこと、大げさに言うと“運命共同体”。いつも猫に敬意を払って撮影しています。

 猫には「撮っていいですか?」「わざわざ時間割いてもらって、すみません」という気持ちで近づいて、猫と遊びながら撮っています。

 猫は嫌だったら、どこかへ行ってしまいますし、もし無理やり撮ったりしたら、猫の表情もこわばってしまうと思うんです。猫としっかりコミュニケーションが取れていれば、良い表情が出て、立ったりもするんです。

――主に、香川や瀬戸内海の猫を撮っているのですか?

 今は大阪に住んでいますが、子どもの頃に香川に住んでいたことがありました。自然いっぱいの場所で猫の写真を撮っていると、気持ちが安らぎます。猫の写真を撮りながら、デトックスしているようなものですね。

 島の猫たちは積極的で、遊ぶものを探して、僕のカバンをあさってくる積極的な猫もいます。猫がカバンからおもちゃを引っ張り出して、僕の隣に落として「遊んで」とせがむような仕草をするので、僕も必死になって遊びます。

 猫に呼ばれて、良い写真が撮れるスポットに連れて行ってもらったこともあるんですよ。

「希望の立ち猫」。明るい未来が待ってるにゃん!(C)Yamamoto Masayoshi
「希望の立ち猫」。明るい未来が待ってるにゃん!(C)Yamamoto Masayoshi

写真集完成を猫たちにも報告

――写真集の中で、思い入れのある写真はありますか?

「希望の立ち猫」と呼んでいるんですが、上(空)は明るく、下(地面)は華やかという写真を撮りたいと、前もって構図を考えていたんです。

 当時は組織で働いていたこともあり、未来を考えるとしんどくなったりもして。誰にでもしんどい時ってあると思うんです。不安はあるけど、誰にでも明るい未来が待っていると思いたかったんですね。

 いろいろあって、その写真が撮れなかったら、しばらく猫写真はお休みしようと思っていたんですが、思った通りの写真が撮れました。この写真を撮れたのも、この子猫ががんばってくれたおかげですね。後ろで親猫が監視していました(笑)。

――写真集になった感想を教えてください。

 島の人たちにお礼を言って渡すと、喜んでくれました。猫たちにも「写真集なったで」と言うと「にゃー」と答えてくれました(笑)。

 猫のおかげで瀬戸内海の島に一人で行くようになったり、海外にも行くようになって、行動範囲が広がりました。猫がいなかったら、家にひきこもって、きのこ生えてるんちゃうかとか人に言われます(笑)。

 猫とコミュニケーションを取った結果が写真になることで、他の人と共有できるのが嬉しいです。

(C)Yamamoto Masayoshi
(C)Yamamoto Masayoshi

心を開いて、自然体の猫たちが魅力的

「立ち猫」を発行したナツメ出版企画の編集担当・梅津さんに、書籍化のきっかけなどを聞いた。

――写真集を作ったきっかけは何ですか?

 私が猫好きで、インスタグラムで個人的に山本氏をフォローしていました。家猫ではあまり見られないような立ち姿が珍しく、くすっと笑えたり、かわいくて癒されたりしているうちに、書籍として発行できないかと思い、山本さんにお声がけしました。

 この本は、猫のかわいさだけでなく、立ち姿というユニークな面を押し出しています。バンザイ、お祈りなど、猫たちの立ち姿もバラエティに富んでいて新鮮です。また、猫の表情が豊かでとても自然体なところが魅力的です。山本さんだからこそ、猫たちも心を開いて、自然なままで撮影できているのだなと思います。

「立ち猫」
著者:山本正義
発行:ナツメ社
体裁:A5変型判、ソフトカバー、96ページ
定価:1200円(税別)
安田有希子
2015年からsippoにて「猫アレルギーですけど」の連載開始。2匹の元保護猫と暮らして4年目に猫アレルギーが発覚するも、平和に暮らす。猫の好きなパーツは、小さく並んだ門歯。幼少の頃「うちのタマ知りませんか?」のすごろくに大ハマりした年代。栃木県出身。

sippoのおすすめ企画

家の中に寄生虫!? 完全室内飼いの猫も対策が必要な5つの理由

「家飼いだから安心」と思いがちだが、実は家の中でも寄生虫のリスクは少なくありません。きちんと寄生虫のリスクと対策を学んでおきましょう【ネコも動物病院プロジェクト】

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。