姉妹の保護猫「おこめ」と「のりたま」、やんちゃざんまい

保護猫の「おこめ」(左)と「のりたま」
保護猫の「おこめ」(左)と「のりたま」

 毛の長さが違って似ていないけれど、仲の良い姉妹の保護猫です。

 一緒にカーテンを登ったりティッシュを箱から引き出したり。

 私は毎日怒ってばかりですが、

 寄り添って寝る姿を見るとチャラになります。

(東京都板橋区 おこめ(左)、のりたま(右)、ともに雑種、♀、1歳)

◇「わが家のsippo」としての募集は終了しました。「朝ワンコ・夕ニャンコ」に投稿された中から、朝日新聞夕刊「わが家のsippo」にも掲載します。投稿はこちらから

【関連記事】
柴の保護犬「蘭丸」、手がかかるけど先住犬を失った涙を乾かす

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

病院が苦手なネコも、健康のために定期的に動物病院で受診しましょう。Instagramで動物病院の写真投稿を募集中!投稿1件につき100円を不幸な猫のために寄付します。

この特集について
わが家のsippo
愛犬・愛猫の投稿写真コーナーです。家族に迎えたきっかけや大切な思い出などもご紹介。朝日新聞夕刊にも掲載しています。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!