寝込む妻に寄り添うグーグー 猫には人の苦しみが伝わっている

妻に寄り添うチャッピー(左)とグーグー
妻に寄り添うチャッピー(左)とグーグー

 うちには2匹の猫がいます。チャッピーとグーグー。チャッピーは「メゾン・ド・ヒミコ」という映画の撮影中、静岡県・御前崎の宿泊先で出会いました。三毛猫です。戦後最大級の台風が上陸した2004年10月、暴風雨の中、ホテルの窓ガラスの向こうでズブぬれで、吹き飛ばされそうになっていたのを妻が見つけました。生後2週間ぐらいでした。

 グーグーは、映画版「グーグーだって猫である」に出演したアメリカンショートヘアの孫。映画関係者から、私が引き取りました。

 チャッピーは妻を母親と思っているのか、夜寝る時はいつもその横に来て布団の中に潜り込みます。グーグーがベッドに来るのは、おなかがすいて、そのアピールの時が多いです。うろうろとしてわざと物を落としたりします。

 でも、そんなグーグーもずっとベッドの妻から離れない時があります。病に伏して寝込んでいる時です。先日も、風邪をこじらせ髄膜炎になり、高熱と頭痛に苦しんでいると、チャッピーとともにグーグーも妻の側から離れません。

 チャッピーが側にいるのはいつものこと。でも、グーグーも心配そうな顔で(そう見えるのです)身を寄せ、時にその手を妻の体にあてて、じっとしているのです。側にいる者の体調や、苦しんでいる心持ちがしっかり伝わっているようにしか思えません。そして、事実、妻にはそうしてくれることがとても支えになっていると思うのです。

 普段は、チャッピーにいたずらをしたり、物を落としたりのグーグーが、ここぞとばかりに高得点をあげる時です。

 おなかを壊すと、いつもは来ないのにわざわざ寄り添って温めてくれる猫がいるという話も聞きました。誰か、この件を研究している学者の方とかいるのでしょうか? ネットで調べてみたら、弱った人間を見ると、いざとなったら食料にできると思うからだという説が載っていました。だったら寝込みも襲うと思うので、違うと思うんですよね。

犬童一心
1960年東京生まれ。映画監督。主な監督作品に「金魚の一生」「二人が喋ってる。」「金髪の草原」「ジョゼと虎と魚たち」「メゾン・ド・ヒミコ」「のぼうの城」など

sippoのおすすめ企画

sippo猫塾の参加者募集!服部幸先生にじっくり学ぶ6回講座

猫のために絶対に知っておきたい知識を、猫専門病院「東京猫医療センター」院長の服部幸獣医師にじっくり学びましょう

この特集について
遠い目をした猫
「グーグーだって猫である」などを撮った映画監督で、愛猫家の犬童一心さんがつづる猫にまつわるコラムです。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!