母娘で猫アレルギー発症 泣く泣く手放された猫と犬、別の家に

 犬や猫を飼ってから、アレルギー症状が出て、手放さざるを得なくなるケースもある。元飼い主が泣く泣く手放した猫と犬は、2匹一緒に新しい家に引き取られた。

(末尾に写真特集があります)

ブリーダーが手放した猫

 倉光さん宅には、すでに小型のミックス犬と保護犬のゴールデンレトリーバーの2匹がいた。「猫を飼いたい」という息子の望みで、ネットで譲渡希望の猫を探していた。

 ただ、猫を飼うのは初めて。そのためペットとして飼われていた猫を、と考えていた。そこで惹かれたのが、「ジャル」だった。元飼い主が「里親募集サイト」に掲載していたのだ。

これがぴったりサイズなの
これがぴったりサイズなの

 ジャルは、元々ブリーダーが手放した猫だったという。マンチカンとセルカーレックスという純血種をかけ合わせた「ラムキン」という“ブランド猫”なのだが、ブリーダーから「片目がおかしくて、売り物にならない」と手放された。売り物にする以上、一点のくもりがあってもならないというのだった。

 ジャルの元飼い主は、ブリーダーからジャルを譲り受け、続いて、別の人からマルチーズの「フェタ」も引き取った。ジャルとフェタ、そして、2匹との楽しい暮らしが始まるはずだった。しかし、娘がひどい猫アレルギーを発症し、母親にもアレルギー症状が出たため、やむなく譲渡することにしたのだという。

「犬も一緒に」

 倉光さんが、猫のジャルを譲渡してもらおうと連絡すると、「猫をもらってくれるのなら、猫と犬、2匹一緒にいかがですか」と提案された。食が細いという、やせたマルチーズだった。娘の猫アレルギーがひどかったので、ジャルから先に里親を募集したが、他の動物アレルギーもあったので、犬も手放すことにしたのだそうだ。

「うちには、すでに2匹の犬がいたので、猫1匹は譲渡してもらうにしても、さすがにこれ以上動物は増やせない、犬は引き取れないと思ったのですが、何度も家族で話し合って、結局、2匹とも譲渡してもらうことにしました」

フェタはお散歩もできるようになった
フェタはお散歩もできるようになった

号泣する元飼い主

 そうして倉光家に、猫のジャルとマルチーズのフェタがやって来た。コンビニの前で待ち合わせて引き渡す時、元飼い主の父母と3人の娘は号泣したという。

 猫のジャルは最初こそは警戒していたが、すぐに先住犬のゴールデンレトリーバーの横で添い寝するようになったという。

 マルチーズのフェタは、すぐに“ここが俺の居場所”とでもいうように、ソファに寝転んだ。

「ただ散歩をしたことがないようで、リードを付けるのも大変でした。最初は抱っこして外の世界に慣らしたのですが、だんだん散歩ができるようになり、動き出したら食欲が出てきて、体重も増えました」

 こうして倉光家では、3匹の犬と1匹の猫と一緒の生活が始まった。動物同士の相性も良く、賑やかに暮らしている。ジャルとフェタをかわいがっていた元飼い主とは、今でも連絡を取り合い、2匹の様子を伝えているという。

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。文春オンライン、サライ.jpで執筆。自身は、健康のために鍼灸とマッサージに通う。保護犬、保護猫、老犬介護などペット問題を温かな視線で綴る朝日新聞社「sippo」、小学館「Petommorow」の記事も好評!

sippoのおすすめ企画

病院が苦手なネコも、健康のために定期的に動物病院で受診しましょう。Instagramで動物病院の写真投稿を募集中!投稿1件につき100円を不幸な猫のために寄付します。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。