初めて飼う犬に保護犬を選んだ 米国人の夫「ごく自然なこと」

 大阪府に住むアメリカ人の夫と日本人の妻が、初めて犬を飼うことになった。妻は「ペットはペットショップで買うもの」と思っていたが、夫はごく自然に保護犬を選択した。

(末尾に写真特集があります)

ペットは譲渡してもらうもの

 妻は子どもの頃からずっと、犬や猫はペットショップで買うのだと思っていたという。ところが、アメリカのボストンで育った夫・フレンチさんの考え方は違っていた。

 フレンチさんはほほえみながら淡々と語る。

「アメリカにもペットショップはありますが、両親も姉も、シェルターから保護犬をもらっていたので、私にとっては、それがごく普通の自然なことだったのです」

 娘もその考えに賛成した。どのシェルターから譲渡してもらおうかと探した時、保護団体ARK(アーク)のホームページを見つけたのだという。

チワワのハッシュくん
チワワのハッシュくん

実際に会い、別の犬に

 ARKのホームページには、英語バージョンもある。里親募集中の犬や猫を見られるページで、ある犬がフレンチさんの目にとまった。動画もあり、この犬に会ってみたいと思ったという。

 ところが、家族でARKに出かけてみると、お目当ての犬は、抱っこをさせてくれない、ちょっと気難しい犬だった。犬を飼うのが初めてだったため、その犬はあきらめた。そこで職員から勧められたのが、チワワのハッシュくんだった。試しに散歩もさせてくれたが、左側について歩くことができ、落ち着いた性格だった。

「娘にもすぐに懐いて、不安はありませんでした。9歳でしたが、元気ですし、ハッシュを譲渡してもらうことに決めました」

 もともと高齢者が母子合わせて4匹飼っていた中の1匹だが、その飼い主が亡くなったため、保護されたのだという。ハッシュくんを引き取って飼い始めたフレンチさんは、それまでも大切に育てられてきたことが伝わってきたそうだ。

お昼寝中なんだけど、何か?
お昼寝中なんだけど、何か?

「高齢犬なら責任を全うできる」

 ハッシュくんは可愛くて性格も良かったが、ARKでは半年間、引き取り手が見つからなかった。9歳と高齢だったことも一因だ。

「ハッシュは違和感なく家族になじんでくれました。生後3カ月のパピーを飼うと、その先は10年、15年と長くて、結構プレッシャーを感じます。でも、シニア犬だったら、責任を持って飼うことができると思いました」

 なにはともあれ、初めて犬を飼うフレンチさん一家。ドッグフードはどれがいいかなど、迷うことが多かった。だが、ARKでは「ドッグフードの品質ははとても大切です。動物病院にかからない、病気になりにくい体づくりができます」と、フードの選び方も教えてくれた。腕に通すタイプのハーネスなら犬の負担にならないことなども教えられた。

 狂犬病予防や混合ワクチン、フィラリアやノミ・ダニ予防薬の投与のデータも提供され、前の飼い主の接種証明書なども保管されていたという。

 ハッシュくんは家に迎えた当初こそ、夜中に吠えることもあったが、すぐに新しい家庭に慣れて落ち着いたという。

 今では、ソファなどお気に入りの場所ですやすや眠ったり、家族でハイキングに行ったり、幸せな日々を送っている。

<ハッシュの出身団体>

アニマル・レフュージ関西(ARK)
さまざまな理由で保護した犬や猫の心身のケア、社会化トレーニング、里親探しなどを行っています。
住所:〒563-0131 大阪府豊能郡能勢町野間大原595 アニマルレフュージ関西
HP:http://www.arkbark.net/
営業時間:10:00~16:00
Tel:072-737-0712/Fax:072-737-1886
E-mail: ark@arkbark.net

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。文春オンライン、サライ.jpで執筆。自身は、健康のために鍼灸とマッサージに通う。保護犬、保護猫、老犬介護などペット問題を温かな視線で綴る朝日新聞社「sippo」、小学館「Petommorow」の記事も好評!

sippoのおすすめ企画

愛犬・愛猫のかわいい写真を、紹介文とともに送ってください。採用された写真はsippoや朝日新聞の夕刊にも掲載されます。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。