愛犬の熱中症対策にひんやりTシャツ、人間はあの伝統食材で

お気に入りのTシャツ。ひんやり素材の優れモノ。
お気に入りのTシャツ。ひんやり素材の優れモノ。

 今年の猛暑は本当にスゴイ。毎日暑さにヒーヒー言っています。人間のように汗を出して体温調節のできない愛犬が熱中症になったら大変! 暑さ対策は重要です。

 愛犬ぷりぷりのベッドには「涼感ラグ」を。表面がひんやりする素材でできています。が、どちらかというと床の冷たい部分を探して寝ていることが多いかな。ひんやりゾーン探し、ワンニャンは天才ですよね。

ベッドにはストライプブルーのひんやりラグ。って、乗ってない(笑)。
ベッドにはストライプブルーのひんやりラグ。って、乗ってない(笑)。

 家の中は24時間冷房フル稼働なのでいいのですが、問題はお散歩。ぷりぷりは小型犬なので、運動量はそこまで必要がないにしても、外の空気を吸ったり、色んなところのにおいをかいだり、気分転換や刺激は大切。悪天候などは仕方ないとして、できれば1日1回は出かけたいところです。

 早起きが苦手なグータラなわが家は、早朝は無理とあきらめ、お散歩タイムは日が暮れてから。と言っても、日没直後は気温も高いし、まだまだアスファルトも熱い。夜の8時ぐらいにならないと出られません。

 出かけるときは「ひんやりTシャツ」を。触るとひんやりする素材で、かつ、水でぬらすと気化熱の作用でさらにひんやりが続く、というもの。機能重視とはいえ、女子的にはおしゃれじゃないとね。カジュアルな星柄と、ポッケがキュートなストライプがお気に入りです。

ひんやりTシャツその2。ドット柄のポケットがアクセントに。
ひんやりTシャツその2。ドット柄のポケットがアクセントに。

 暑さ対策とはちょっと違いますが、夜のお散歩のときに必携なのが「お散歩ライト」。なるべく暗い道は避けているものの、車や自転車を運転している人から低い位置を歩くぷりの姿は見えにくいはず。安全のために欠かせません。

 というわけで、ひんやりTシャツとライトを装着し、夜のお散歩へGO! こんな暑い夏、ぷりぷりがいなかったら一歩も外に出ず、冷房漬けになってますます冷え性を悪化させてたかもしれないなぁ。

夜散歩に必携のライト。ハーネスにつけて。歩くときはピコピコ点滅。
夜散歩に必携のライト。ハーネスにつけて。歩くときはピコピコ点滅。

 しかし、昼間よりはマシなものの、やっぱり暑い。歩いていると全身の毛穴から汗が吹き出し、のどはカラカラ。帰ったらシャワーを浴び、すかさずビールをプハ~。くぅー最高!

 ……と、そのささやかな喜びのために出かける前の水分を控えていたら、ある日、帰宅後の体調がおかしい。動悸が激しくなり、目の前が暗くなって立ちくらみが……。ヤバい、これって軽い熱中症⁉︎

 これだけ毎日「熱中症に注意!」と注意喚起されながら、どこか他人ごとだった。夜だし、そう長い時間じゃないし大丈夫と、たかをくくっていたのかもしれません。

 以来、お散歩前にはたっぷりの麦茶と、塩分補給のため梅干しをとってから出かけるようにしました。梅干しには塩分と疲労回復のクエン酸が含まれているので、熱中症や夏バテ予防に効果が期待できると改めて注目されているとか。一大名産地、和歌山県は出荷で大忙しとニュースでやっていました。

「酸っぱいにおいがするワンねー」。伝統食材の麦茶と梅干しで熱中症を吹き飛ばせ!
「酸っぱいにおいがするワンねー」。伝統食材の麦茶と梅干しで熱中症を吹き飛ばせ!

 私が倒れたら誰がぷりぷりのお世話をするの? 大事な愛犬のためにも、自分の体調管理を怠るまいと誓う、真夏の夜なのでした。

中津海麻子
フリーライター。「酒とワンコと男と女」をテーマに、ワインや日本酒や食、ペット事情、人物インタビューなど幅広く取材、執筆。JALカード会員誌「AGORA」「ワイン王国」「AERA」「週刊朝日」「朝日新聞デジタル &w」「AERA.dot」「好書好日」などに寄稿。10歳を越えた愛犬を溺愛中。

sippoのおすすめ企画

愛犬・愛猫のかわいい写真を、紹介文とともに送ってください。採用された写真はsippoや朝日新聞の夕刊にも掲載されます。

この特集について
トイプー「ぷりぷり」の二食昼寝付き
お出かけとおしゃれが大好きな食いしん坊のトイプードル「ぷりぷり」。一緒に暮らすフリーライターの愛情あふれるブログです。
Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。


動物病院検索

sippoの独自調査により、不妊手術や予防接種等の料金、夜間対応やしつけ指導などの詳細情報を無料で検索できます。