市営住宅から猫45匹保護 愛護センター「満杯」で困った!

本来、犬を飼育する場所にケージを置いて猫を飼育している=名古屋市動物愛護センター
本来、犬を飼育する場所にケージを置いて猫を飼育している=名古屋市動物愛護センター

 名古屋市北区の市営住宅の一室で多数の猫を飼っていた住人の女性が11日、強制退去処分になった。市動物愛護センター(同市千種区)が猫45匹を保護したが、すでに「定員」はいっぱい。職員らがやりくりに苦心している。

 センターによると、保護したのは部屋の明け渡し前に住人から依頼があった42匹と、11日の強制執行の際に新たに見つかった3匹。

 センターが想定する猫の収容は約100匹までで、すでにほぼ満杯。このため今回の45匹は、空いている犬用施設も使って飼育することにしたという。

 こうして全て保護するのは、河村たかし市長の指示に基づく異例の措置。従来は猫が寄せられると、病気の有無や性格、施設の空き状況などに応じて殺処分してきたためだ。

 センターの鳴海大助・管理指導係長は「すべての猫を救えるのが一番」。今回の猫だけが救われることには複雑な思いもあり「ほかの猫にしわ寄せがないようにしたい」と説明した。

 センターでは、ペットを飼う際、むやみに増やさないための避妊や去勢なども選択肢の一つと勧めている。鳴海さんは「飼う際、最期をみとるという責任を持ってほしい」と訴える。名古屋市には、一定条件を満たせば猫の不妊手術代の補助制度がある。(西岡矩毅)

【関連記事】
高齢男性一人で犬100匹も 多頭飼育で絶えないトラブル
“共食い”の現場を生き延びた猫「しんのすけ」、明るい家庭へ

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の寄生虫、どんな子も迎える前に検査・駆虫の習慣を 獣医師と保護猫のプロに聞く

「保護猫」を家族に迎える人が増えています。外暮らしを経験したことのある猫の場合、寄生虫への注意が必要です。獣医師と保護猫のプロに聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。