保護犬は家族になった日が「誕生日」 今年もおめでとう!

保護犬ハンター、今年も誕生日おめでとう!
保護犬ハンター、今年も誕生日おめでとう!

 早いもので、保護犬のハンターが正式譲渡されて3回目の春がやってきました。

 譲渡会で「推定年齢3~5歳」のハンターと出会ったのが2016年1月22日。トライアルを経て正式譲渡していただいたのが3月22日で、その日をハンターの誕生日に決めました。

 これまで何度か書かせていただきましたが、「推定年齢3~5歳」に夫も私も大きな疑問を抱いていました。

 ミニピンと暮らすのはハンターで3匹目。ピンもココも4歳を過ぎるまで全く落ち着きがなく、ぴょんぴょんと跳ね回り、見るからに赤ちゃんだったのですが、4歳半ぐらいから、落ち着いた大人の犬になっていきました。

 そんな少ない統計ですけれど、ピンやココに比べると、ハンターはまだまだ赤ちゃん。推定年齢を少なく見積もって、我が家にやってきたのが3歳だったとしても、もう5歳にはなっている計算なのですが、夫は「ハンちゃんはまだ3歳だよ。つまり、1歳のときに来たんだよ」と言い張ります。

 以前、推定年齢は「獣医さんの勘によるところも大きい」と川崎市のセンターの方から教えていただき、結果、3月22日は、ハンターの3歳の誕生日ということになりました。

 当日の朝は、名古屋テレビの『ドデスカ!』に出演していて、すぐには祝えなかったのですが、帰りがけ、ハンターのために、おもちゃと、ちょっと豪華なフードの缶詰と、おやつを購入。帰宅後、ハンターには「お誕生日だね。おめでとう」「ウチに来てくれて、本当にありがとうね」と何度も何度も言いながら、身体を撫でまわしました。

ハンターへの誕生日プレゼント
ハンターへの誕生日プレゼント

 こうして原稿を書いているときも、ハンターは毛布にくるまって私の膝の上でスヤスヤと寝ています。私が立ち上がろうとすれば慌てて起きて、私の後ろにピッタリ付いてきます。

「ここまで、なつかれて、かわいいでしょ」と、ちょっとキレ気味に言うのは夫。正直なところ、ハンターが100%夫になついているとはまだ言えず、びびりなハンターは夫がちょっとでも動くと大げさに反応し、「ウ~~~」と声をあげることもあります。

 でも最近は、ハンターのほうから夫に近寄り、さまざまアピール。そうした様子もまた、かわいくてかわいくて溺愛が止まりません。

 ハンター、たぶん3歳のお誕生日おめでとう! ず~っと、ず~っと一緒だよ!

山田美保子
1957年生まれ。青山学院大学卒業後、ラジオレポーターを経て、放送作家、コラムニストなどを務める。「踊る!さんま御殿!!」「ノンストップ!」などを構成。ほかに雑誌、新聞、WEBに連載多数。

sippoのおすすめ企画

愛犬・愛猫のかわいい写真を、紹介文とともに送ってください。採用された写真はsippoや朝日新聞の夕刊にも掲載されます。

この特集について
山田美保子の育犬日記
人気放送作家の山田美保子さんが愛犬たちとの日々をつづるブログ。ペット愛好家セレブの御用達グッズなど、芸能界の話題も。
Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。