猫の映画を見た後、保護猫に出会う 映画館で譲渡会

映画館での譲渡会に参加予定の子猫たち
映画館での譲渡会に参加予定の子猫たち

 埼玉県川越市にある映画館「川越スカラ座」で、12月2日(土)と11日(月)の2回、保護猫の譲渡会が開かれる。傑作猫映画特集(2日~15日)にあわせたイベントだ。上映期間中には猫の写真展や、動物愛護のトークショーなどもある。

 

 

「映画館で猫の譲渡会を行ってみたいと、以前から希望を持っていました」


 こう話すのは、イベントを企画した川越スカラ座・番組編成イベント担当の飯島千鶴さんだ。


 同館では2日~15日の間、古都イスタンブールの人々と猫との幸せな関係を捉えたドキュメンタリー映画『猫が数えてくれたこと』と、原作本が世界中で大ベストセラーとなったホームレスと野良猫の実話映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』を上映する。そのタイアップイベントとして、保護猫の譲渡会を開催する。


 企画のきっかけは、2年前に同館で上映した動物の映画だった、と飯島さんはいう。


「保護犬や保護猫を救う人々を描いた『犬に名前をつける日』という映画を上映した時に、動物愛護のトークイベントなどを行いました。その時に、理解を示してくださるお客様も多くいらしたので、猫の映画を上映する機会があれば、トークだけではなく、保護猫活動のお手伝いできないだろうかと思ったのです」


 実現に向けて、前回のトークイベントに登壇した保護猫カフェ「ねこかつ」の梅田達也さんに協力を依頼した。

 

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』より (c)2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.
『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』より (c)2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

 一般的な映画館はスクリーンに向かって階段状に座席があるが、同館は平面の床に椅子が124席固定されている。その椅子を台にして、キャリーケースを置こうと考えたのだ。


「実際に梅田さんに館内を観ていただき、安全面などの確認をしてもらいました。通路から猫を見る形になります」


 保護猫譲渡会は2日が17時から、11日が17時半から。いずれも映画の終了後に行われる。映画を観なくても、譲渡会のみの参加もできる。


「ねこかつ」の梅田さんは、期待をこめていう。


「成猫、子猫あわせて20~30匹が参加予定です。デパートなどでは譲渡会を開催していますが、映画館で行うのは初めて。出会いの場が増えるのはいいことですし、多くの方に興味を持って来ていただきたいですね」


 通常「ねこかつ」が行う譲渡会と同じく、お気にいりの猫がいても、その場ですぐに連れて帰るこことはできない。アンケート調査等を行って、後日トライアルという形になる。


 また、期間中は館内で「外で生活する猫」写真展が開かれ、10日(日)の上映後には、飼い主のいない猫の問題に取り組む「ちよだニャンとなる会」と、「保護猫カフェねこかつ」のトークイベントもある。


「映画は2本立てではなく入れ替え制です。当館のどちらかの半券提示で、近隣のお店の”ねこラベル”の対象ワインが1杯50円引きになったり、猫皿や猫グラスで飲食できるサービスもあります。気軽に遊びにいらしてください」(飯島さん)


(藤村かおり)


上映時間など詳しくは、川越スカラ座のホームページで。


川越スカラ座


ちよだニャンとなる会



藤村かおり
小説など創作活動を経て90年代からペットの取材を手がける。2011年~2017年「週刊朝日」記者。2017年から「sippo」ライター。猫歴約30年。今は17歳の黒猫イヌオと、3歳のキジ猫はっぴー(ふまたん)と暮らす。@megmilk8686

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。