女子中学生が猫の預かりボランティア「保護猫のこと伝えたい」

自宅で預かる保護猫と夏妃ちゃん
自宅で預かる保護猫と夏妃ちゃん

 猫の保護活動に取り組むのは、大人だけではない。小学生の時に殺処分について知り、「不幸な猫を減らしたい」との思いから、ボランティアを続ける女子中学生がいる。テレビ番組でも取り上げられた、噂の少女に会いにいった。

 

(末尾に写真特集があります)

 

 埼玉県川越市の佐々木夏妃(なつき)ちゃんの自宅を尋ねると、居間の真ん中に大きなケージがどんと置かれていた。中で3匹の子猫が遊んでいる。


「家で預かって2週間たちます。2匹は川越で保護された兄妹猫で、1匹は群馬で保護されました。仮の名前は、吉野家、すき家、松屋(笑)。覚えやすいので、牛丼屋さんの名前を母と一緒につけたんです」


 夏妃ちゃんは、中学2年生。陸上部に所属して毎朝7時に登校。週1度はヒップホップダンス教室にも通う。そんな運動大好き女子の夏妃ちゃんが、ここ数年、力を入れているのが、猫の保護活動だ。


 保護団体から保護猫を預かり、譲渡会に参加して“新しい家族”を見つけるボランティアをしているのだ。

 

6年生の時に里親探しをした子猫ライアン
6年生の時に里親探しをした子猫ライアン

「今までに8匹譲渡しました。みんな幸せになっています。今いる3匹の子たちは11月の譲渡会に参加する予定です」


 一生懸命に話す夏妃ちゃんの足元に、大人の猫がすり寄って来た。預かりではなく、飼い猫だという。


「この子の名前はヴィヴィ。メスの猫で、4年前、私がピンチの時に救ってくれました」

 

 

◆支えてくれた猫 

 小学4年生の頃、学校でちょっとした“事件”が起きた。授業中に先生の話を聞かない子どもが増え、ケンカも教室内で起きるようになった。いわゆる学級崩壊だ。夏妃ちゃんは学校が大好きだったが、ショックでふさぎこんでしまった。


 母の麻也さんが当時を振り返る。


「元気が取り柄の娘が、もう学校に行きたくないと言い、不安定になりました。私も悩んだのですが、ちょうどその頃、ホームセンターの一角に可愛い猫がいて、親子で気になったんです。娘の表情がぱっと明るくなりました」


「家族にしたいね」と母子で話しながらも、実際にその猫を迎えたのは、それから1カ月後だった。同居していた夏妃ちゃんの祖父母が、猫を家で飼うことに反対したのだ。そこで麻也さんは必死に「今、娘を癒すのは猫しかいない」「動物の力はすごいのよ」とおじいちゃん、おばあちゃんを説得したという。


 その言葉通り、ヴィヴィと暮らし始めると、夏妃ちゃんは落ち着きを取り戻したという。猫を見に来る友達もいて、家で笑い声も増えた。

 

中1の頃(保護猫カフェねこかつで)
中1の頃(保護猫カフェねこかつで)

 そして、小学校の卒業を間近に控えたある日、友達から夏妃ちゃんのもとに「ダンボールに入った子猫を保護したんだけど、家で飼えないの。猫を助けて」とSOSが入ったのだった。


「子猫は私の所でいったん預かりました。でもヴィヴィは子猫を受け入れないし、一緒に飼えないので、新しい家を探そうと思ったんです」


『里親さん探しています!』というチラシを作って、スーパーマーケットなどに掲げてもらった。同時に、近所にある保護猫カフェ「ねこかつ」にも相談した。


「結局、チラシを見て子猫を欲しいという人が現れました。その人が飼うまでの間、別の保護猫カフェが預かってくれたんですが、渡す時は、別れが悲しくて涙が出ちゃいました」

 

 

◆猫を抱いて語る夢

 それでも、命を守って繋いだ、ということに喜びを感じ、自信にもなった。その後、母親の職場の同僚が保護した子猫を預かり、さらに、「ねこかつ」からも最年少ボランティアとして認められ、保護猫を自宅で1匹、2匹、と預かるようになった。


「それまで保護猫のことをよく知らなかったんですが、『ねこかつ』のスタッフさんにいろいろ教えてもらいました。日本で殺処分なんてことが起きてるの? とびっくりしちゃったんです」

 

8月にデパートで行われた譲渡会で(赤いTシャツ姿が夏妃ちゃん)
8月にデパートで行われた譲渡会で(赤いTシャツ姿が夏妃ちゃん)

 夏妃ちゃんが手伝っている保護猫の譲渡会は、月2回の土日、1日4時間ほど開かれている。最初のうちは緊張したが、経験するうちに、笑顔で対応できるようになったという。


「猫を見にきた方に、先住ちゃんはいますか? と聞いたり、前に猫を飼っていた方には、どんな柄の猫だったんですかと聞いて、話を広げるようにしています。保護猫のいいところをどんどんアピールして、『こういう猫がいないかな』と探す人の助けにもなりたい」


 夏妃ちゃんは今、保護猫の譲渡活動にやりがいを感じている。


「譲渡会は自分にとって癒しの時間でもあるんですよ。ただ、テスト期間と重なるとつらい(笑)。来年は中3だけど、ボランティアと勉強を両立させるのが課題かな。その先の夢もあるし」


 夏妃ちゃんの夢は、舞台に立って、歌って踊ってお芝居をすること。エンターテイナーになって、保護猫のことを世の中に広く伝えたいのだという。オーデションを受けて、最終選考まで残ったこともある。


「保護猫に関する台本を自分で書いて、演じられたらなあ。会場で譲渡会もやったりして」


 猫を抱きながら、きらきらと瞳を輝かせた。

藤村かおり
小説など創作活動を経て90年代からペットの取材を手がける。2011年~2017年「週刊朝日」記者。2017年から「sippo」ライター。猫歴約30年。今は17歳の黒猫イヌオと、3歳のキジ猫はっぴー(ふまたん)と暮らす。@megmilk8686

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

この特集について
ペットと人のものがたり
ペットはかけがえのない「家族」。飼い主との間には、それぞれにドラマがあります。犬・猫と人の心温まる物語をつづっています。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。