猫を叱るときの「コラッ!」 タイミングと声量で使い分け

怒られるとビビるモモ(右)と懲りないあんず
怒られるとビビるモモ(右)と懲りないあんず

「コラッ!」という言葉を、私は猫を飼い始めて、初めて使ったかもしれません。


「ダメ!」とか「メッ!」とか他にも叱る言葉はありますが、素早く大声を出すには、私にとって「コラ」が最も使いやすい言葉でした。昭和のおやじが、悪ガキに「コラ」と言っていましたが、まさか自分がコラおばさんになるとは……。


 ちなみに、ネットで「コラ」の由来を調べてみると、「鹿児島弁に由来」「目下の相手のことを“コラ”と呼ぶ」「警官が使っていた」(諸説あり)など様々なサイトで紹介されていました。


「コラ」を多用していたのは、猫たちが我が家に来て間もない子猫のとき。登ってはいけない場所に登った時や、イタズラをしたとき、夜中に大暴れしているときなど、しつけのため頻繁に「コラッ!」と言っていました。


 子猫の頃の経験から、猫たちにとって「コラ」は怒られるときに言われる言葉であると、理解できたように思います。


 最近は猫たちも“ダメなこと”が分かるようになったし、大人になって少しは落ち着いたので、「コラ」はそれほど使わなくなっていますが、猫はダメと知っていながら、行動を起こすこともあり、「コラ」の出番は週に何度か訪れます。


「コラ」を発するときに大事なことは、タイミングと声量です。


 まずは、タイミング。


 イタズラをした場合は、必ず現行犯を押さえて「コラ!」と言わなければなりません。後で叱っても、猫は何のことか分からず、大声を出されておびえるだけで、何も良いことは生みません。


 かつては、猫がダメなことをしている→ 注意しなきゃ→ 「コラ!」という流れが頭の中にありましたが、次第に猫がダメなことをしていることを見つけたその瞬間に「コラ!」が出るようになりました。


 しかも、ダメなことのレベルに合わせて、声量も完璧に調整です。何でも、慣れって大事です。ちなみに、我が家のコラの声量の強弱は以下の通りです。


 コラレベル弱:台所のシンクに登る


 コラレベル中:食卓に登る


 コラレベル強:寝室に入る


 コラレベルが弱のときは、声は抑えめです。


 例えば、サビ猫あんずは、お風呂場に興味があるので、入っちゃダメと分かっていながら、扉が少し開いていると、ついつい侵入してしまいます。


 その場合、風呂場の扉をしっかり閉じない私も悪いので、小さく「コラ~」と声をかけます。すると、あんずは“見つかっちゃった~”的な顔をして、ゆっくり風呂場から出ていきます。


 コラレベルが強の場合は、大声かつキレのよい「コラッ!!」が出ます。


 我が家で猫が最もやってはいけないことは、寝室への侵入です。理由は、私が猫アレルギーのため、唯一の“聖域”を作っておきたいからです。


 “寝室に入ってはいけない”と、猫たちはよく理解しているはずなので、“ダメだと分かっているのにやっている”ことに対しても注意をしているわけです。


 主に猫が興奮しているとき、たまたま寝室の扉に隙間があると、無理やり引き戸をこじ開けて入ってしまうのですが、私はその瞬間に腹から声を絞り出すように「コラッ!!!」と叱ります。


 すると、ビビりのキジトラ猫モモの場合は、「ヒィィィ~あたし怒られてる~、ころされる~!」みたいな顔をして、プチパニックに陥ります。激しく動揺し、一瞬出口がどこにあるのかを見失って右往左往。扉を大きく開放してやると、すっ飛んで出ていきます。


 これでしばらくは、仮に扉が開いていても侵入することはありません。


 また、あんずの場合はイタズラ好きの猫のせいか、怒られることに慣れているのか「コラッ!!!」と言われると「やっぱ怒られた~、エヘヘヘ!」といった反応を示します。まるで、サザエさんに叱られたカツオのように懲りません。


 こうして長年の「コラ」のコミュニケーションにより、猫と私の間に定番のやりとりが生まれています。もしかしたら、猫たちもビビりながら楽しんでいるのかもしれません。


 私も腹から声を出すこともそうないので、たまには「コラ!!!」と言いたい気もしています。イタズラは困りますけれどね。


(ヤスダユキ)

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。