警察犬、手袋のにおい手がかりに、水路に落ちた高齢者を発見

前原哲也署長(左)から感謝状を受け取る訓練士の北爪俊弘さんと、警察犬のツェンツイ=前橋市総社町1丁目
前原哲也署長(左)から感謝状を受け取る訓練士の北爪俊弘さんと、警察犬のツェンツイ=前橋市総社町1丁目

 行方不明になっていた高齢男性を発見したとして、嘱託警察犬訓練士の北爪俊弘さん(55)=前橋市=と、ジャーマンシェパードの嘱託警察犬、ツェンツイ・フォン・カローラ・コジマ(雌、4歳3カ月)に、群馬県警前橋署から感謝状が贈られた。訓練士歴が36年を超えるという北爪さんは「多くの人に喜んでもらえるよう、これからも一生懸命訓練したい」と話した。


 同署によると、4日午後8時半ごろ、同市内に住む男性(79)が、親戚宅を訪れると言って外出したまま行方不明になっていると、届け出があった。出動要請を受けた北爪さんとツェンツイは、男性の手袋のにおいをもとに男性の自宅付近を歩いた。


 午後10時半ごろ、ツェンツイがにおいに反応し、北爪さんや署員らが捜索すると、幅、深さともに1メートルほどの水路で仰向けになっている男性が見つかった。男性は足を滑らせて落ちたといい、軽い打撲などのけがをした。水路の脇に草が生い茂っていたため、周囲から見えづらい状況だった。


 19日、感謝状を贈った前原哲也署長は「特に夜間の捜索では、人の目で見えないところもあり、警察犬にはいつも救ってもらっている。すばらしい活躍に、私たちもご家族も感謝しています」とねぎらった。


 ツェンツイを生後4カ月の頃から自宅で訓練しているという北爪さんは「素直で、現場でもおどおどしない性格。ツェンツイも(感謝状をもらえて)喜んでいると思う」と話した。


 同署によると、昨年の警察犬の出動件数は384件で、今年は8月末現在で206件。出動件数の約8割が、高齢者など行方不明者の捜索だという。


(篠原あゆみ)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。