犬の殺処分ゼロ続く川崎市 動物愛護センターを移転新設へ

(写真は本文と関係ありません)
(写真は本文と関係ありません)

 川崎市は25日、手狭で老朽化した動物愛護センターを高津区から中原区上平間に移転するための議案を9月市議会に提出すると発表した。議決を経て、10月に着工し、来年末の完成、2019年2月か3月の稼働を目指す。


 市によると、現在のセンターは1974年に完成し、2階建てで約600平方メートル。新センターは、3階建てで約2300平方メートルになる。新センターには動物の収容室などに加え、市民が集えるスペースも設ける。市は「命の大切さを学ぶ場にしたい」としている。


 市は昨年度まで4年連続で犬の殺処分ゼロを続けており、猫も減らしている。


<関連記事>

飼い猫の名札を無料で配布中だニャ! 災害時に備え、飼い主のもとに戻れるよう川崎市が対策

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。