「熱風」が心地良い!? 愛犬ココのお気に入りは室外機の前

ウッドデッキでゴロ~ンと「熱風」浴!?
ウッドデッキでゴロ~ンと「熱風」浴!?

 毎年恒例、バルコニーに置いてあるエアコンの室外機の前で、ココが「夕涼み」ならぬ、「朝暑み」「昼暑み」「夕暑み」をする季節となりました。そんな言葉はありませんけれど。


 どんな飼い主さんに話しても、「ええッ?」と驚かれるのですが、夏になり、サッシを締めきって室内でエアコンをかけていると、ココはサッシの前でお座りをし、「開けて、開けて」と私にアピールするのです。


「出たいの? 暑いよ」と言っても、私をガン見してアピール。しかたなく、15センチほど開けると、そこから迷わずエアコンの室外機の前に進み、ココ専用のウッドデッキ(のようなモノ)の上にゴロ~ンと寝転ぶのです。


 夏場、エアコンの室外機の前と言えば、息苦しくなるような熱風が吹いています。その熱風の激しさは、エアコンの設定温度に反比例し、いけない、いけないと思いつつ、エアコンの温度を1度、2度と下げるごとに、強い熱風を拭き出します。


 3年前の夏に旅立ったピンも、妹犬のココも、そろって、この室外機の前で熱風を浴びるのが大好きでした。


 短毛犬なので、冬は寒がり。夏も暑がりだと感じたことはなく、そうとは知らなかったときには、冷却マットを始めとした猛暑対策グッズを買いそろえたものでしたが、どれも不必要でした。


 一日中、家で一緒に居られるときは、朝から夕方まで、計3~4回は、この室外機前でのゴロ~ンがあるでしょうか。夏場は、クルマの中に放置されて亡くなってしまう子供さんやワンちゃんのニュースが思い出され、心配になって外をのぞきに行くのですが、ココは本当に気持ちよさそうに、熱風を浴びながらゴロ~ンと転がっているのでした。


 勝手に、ピンとココは短毛であるうえ、沖縄県出身だから……と我が家では理解しています。


 というのも、どこの生まれかはわからない保護犬のハンターは、ココに呼ばれてエアコンの室外機の前に行くものの、熱風をひと浴びしたら、すぐに室内に帰ってくるからです。


 今夏も、専用ウッドデッキの上で気持ちよさそうに転がっているココの姿に、ピンの姿を重ねつつ、ココの長生きを願っています。


 ココは8月30日で11歳になります。ピンが天国に旅立った年齢でもあるので、色々心配ですが、エアコン前でのゴロ~ンが大好きなうちは元気な証拠だと、また勝手に思っている今日このごろです。

山田美保子
1957年生まれ。青山学院大学卒業後、ラジオレポーターを経て、放送作家、コラムニストなどを務める。『踊る!さんま御殿!!』の構成や、『バイキングMORE』『サンデージャポン』などのコメンテーターを務める。ほかに雑誌、新聞、WEBに連載多数。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

この連載について
山田美保子の育犬日記
人気放送作家の山田美保子さんが愛犬たちとの日々をつづるブログ。ペット愛好家セレブの御用達グッズなど、芸能界の話題も。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。