足跡についた臭いで「犯人」を追うワン!「嘱託警察犬」の競技会

飼育し、訓練した犬に布をかがせ、においを覚えさせる西野さん=山口市
飼育し、訓練した犬に布をかがせ、においを覚えさせる西野さん=山口市

 一般の市民が指導士となり飼育し、訓練した犬が警察犬として活躍する「嘱託警察犬」。その訓練の成果を披露する競技会が山口市であった。


 足跡に付着したにおいを元に、犯人の逃走経路をどれだけ正確にたどれるかを競う「足跡追及」部門と、犯人のにおいがついた布をかがせ、同じにおいを五つの布から選ばせる「臭気選別」部門の2部門に分かれ、12人の指導士と22頭の嘱託犬が参加した。


 両部門に参加した山口県防府市のパート職員、西野恵子さん(65)は2005年に嘱託犬制度に登録した。大の犬好きで、飼っていた犬を自分で訓練するうちに、制度のことを知って興味を持った。愛犬のうちの1頭は、今月、長野で開かれた嘱託犬の全国大会で2位に選ばれたという。


 山口県警によると昨年、警察犬が出動した行方不明者の捜索や犯罪捜査などの事案は90件。そのうち16件に嘱託犬が出動した。県内には現在、25頭の嘱託犬が登録されているという。


(根本晃)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。