招き猫の「本家」はすらり3頭身 招き猫ミュージアム

瀬戸で量産された3頭身の招き猫=愛知県瀬戸市薬師町の招き猫ミュージアム
瀬戸で量産された3頭身の招き猫=愛知県瀬戸市薬師町の招き猫ミュージアム

 瀬戸生まれの招き猫はすらりとした3頭身らしい――。そんなうわさを聞いたら、確かめずにはいられない。5千体を展示する「招き猫ミュージアム」(愛知県瀬戸市薬師町)に出かけた。


 ミュージアムを運営するノベルティー会社・中外陶園の社長鈴木政成さん(65)が教えてくれた。


 縁起物の招き猫は江戸時代に生まれたとされる。明治時代後半、やきものの産地だった瀬戸に、縁日で売る玩具の金魚や招き猫の注文がくるようになった。


 招き猫といえば、目がギョロリとしたふくよかな2頭身で、小判を抱えて片手で手招きする姿を思い浮かべる人も多いだろう。


 しかし、瀬戸で量産された磁器製のものは、ほっそりとしていて、本物のネコに近いイメージだ。


 小さくとがった耳、九谷焼の技法を採り入れた鮮やかな前掛けが特徴で、人を招くとされる左手を上げた姿が多かった。数センチのものから1メートル近いものまで作られた。

一般的な2頭身の招き猫=愛知県瀬戸市薬師町の招き猫ミュージアム
一般的な2頭身の招き猫=愛知県瀬戸市薬師町の招き猫ミュージアム

 2頭身のタイプは戦後、同県常滑市で量産されるようになったという。これが一般的な招き猫として広く普及した。1990年代にペットブームもあって猫好きの人気を集め、表情豊かで多様な商品が作られるようになった。


 元々は、瀬戸生まれの3頭身こそ、本家というわけだ。


 鈴木さんは96年、「瀬戸にゆかりの深い招き猫で町おこしをしよう」と、「来る福招き猫まつり」を仕掛けた。街は「招き猫メイク」を施した人であふれ、今では8万人が訪れる恒例のイベントに成長した。


 瀬戸で招き猫が生まれて100年余り。ノベルティー生産の勢いは衰えても、鈴木さんは「たくさんの人を招き、街を元気にしてほしい」と願いを込めている。


(小若理恵)

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。