「大好きな犬と貢献」 警察犬の力引き出す兵庫県警の横野さん

横野雅彦さん=神戸市
横野雅彦さん=神戸市

 男子中学生が家を出たまま帰宅しない。8月の深夜、家族からの通報で、兵庫県警による捜索が始まった。

 開始から2時間。本部鑑識課の警部補、横野雅彦さん(49)が現場にやってきた。そばには相棒のシェパード、エギル(オス、8歳)。においのつきにくいアスファルト道路に苦戦したが、約30分で路上に座り込んでいた生徒を無事に見つけた。

「人や車が少ない時間帯で、エギルが捜索に集中できたことが幸いしました」と振り返る。

 神戸市出身。警察官だった父親の姿にあこがれ、自身も同じ道へ。幼い頃から動物好きで、「犬と一緒に過ごしながら地域に貢献できる」と、警察犬係を志した。

 成果の一方で、苦い経験も繰り返した。最初に警察犬係になった1993年、山中で行方不明者を捜索していた時、相棒のシェパードが体調を崩した。においをたどれない現場の状況を訴えていたのに、そのサインに気づかず、「捜せ」と命令し続けていた。

「警察犬の力を最大限に引き出すには、『人犬一体』で取り組むことが大切。そのことを教えられました」

 通算14年で9頭の警察犬を担当。今は6月末に訓練所にきたシェパードのエルフ(オス、10カ月)ともコンビを組み、現場デビューに向けて訓練を重ねている。「犬たちは自分の子どものような存在でいて、現場にいるときは相棒。これからも最前線で活躍させてあげたい」

(山田暢史)

朝日新聞
朝日新聞の媒体に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。