「庭にフン」で立腹、猫を毒エサで殺した疑い 男を書類送検

(イラストは本文と関係ありません)
(イラストは本文と関係ありません)

 札幌市白石区で猫の不審死が相次いだ事件で、札幌白石署は16日、同区の会社員の男(39)を動物愛護法違反(愛護動物の殺傷)の疑いで札幌地検に書類送検し、発表した。同区の無職女性(66)の飼い猫1匹に有毒な化学物質を含む餌を与えて殺した疑いがある。「庭にフンをされ、やってしまった」と容疑を認めているという。


 同署によると、男は2月ごろから自宅敷地内でインターネットで購入した有毒な化学物質の「エチレングリコール」を猫の餌に混ぜて散布。報道で猫の相次ぐ不審死を知り、5月20日に同署へ出頭した。


 男の自宅周辺では他にも2~5月に猫の不審死が5件相次いでいたことが分かったが、死骸がすでに処分されていたため立件には至らなかったという。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。