ラブラドルの盲導犬、町長も体験 「障害者にも住みやすく」

アイマスクをつけて盲導犬PR犬に導かれる志村学町長=山梨県富士川町役場
アイマスクをつけて盲導犬PR犬に導かれる志村学町長=山梨県富士川町役場

 山梨県富士川町内で昨年末に初めての盲導犬ユーザーとなった谷龍三さん(64)と、ゴールデンレトリバーの盲導犬「ムーラン」(メス2歳)らが6月27日、志村学町長を訪ね、視覚障害者が安心して社会参加できる町づくりなどを要望した。志村町長は「障害者の方にも住みやすい町にしていきたい」と応じた。

 志村町長は、アイマスクをつけてラブラドルレトリバーの盲導犬PR犬「オーパス」(オス4歳)に導かれて体験歩行をした。「初めてのアイマスク着用で最初は不安でしたが、上手に導いてくれました。とても速く感じた」と話した。

 同行した静岡県富士宮市の山口義之・日本盲導犬総合センター長と山梨県によると、県内では現在、19頭の盲導犬が活動中。富士川町によると、町内の視覚障害者は45人。そのうち比較的重い1級、2級の人が29人いるという。

盲導犬PR犬に導かれる志村学町長=山梨県富士川町役場
盲導犬PR犬に導かれる志村学町長=山梨県富士川町役場
朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

投稿コーナー「朝ワンコ・夕ニャンコ」 犬と猫の写真を大募集!

「朝ワンコ・夕ニャンコ」は、みなさまに投稿していただいた写真でつくるコーナーです。毎日日替わりで、朝7時にワンコ、夕方16時にニャンコを紹介します。sippoの今日の「かお」になりませんか?

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。