猫のお留守番 えさは1日1皿ずつ食べる⁉

いつもの朝ごはん。無心で食べます
いつもの朝ごはん。無心で食べます

 ゴールデンウィークも間近。ペットを飼っていると、なかなか長期間は出かけられないんじゃないか……猫を飼う前は、そう思っていました。

 

 しかし、猫を飼っているという女性ミュージシャンN.Mさんが、テレビで衝撃的なことを言っていたのです。

 

司会者「ツアーのときなんかは、猫はどうするんですか?」

 

M「1週間くらいなら、家を空けても大丈夫なんですよ」

 

司会者「預けたりしないんですか? えさは?」

 

M「えさはですね、1皿に1日分、それを7つ用意して並べておくんですね。すると、うちの子は、端から1日1皿ずつ食べていくんです。おりこうでしょ」(かなり前なので、会話はあいまいです)

 

 Mさんが言うには、知人に見に行ってもらったか、ペット用の室内カメラで確認したかで、「1日1皿食べていた」ことは、ほぼ確からしいのです。

 

 まじか! 猫って、あげただけ食べちゃうわけじゃないんだ!(よく食べる猫はそうとは限りませんが)。猫って、そんなに手がかからないのか、と思ったことも、猫を飼うきっかけのひとつでした。

 

 実際に猫を飼ってみると、さすがに1週間も放置するのは心配ですが、2~3日なら問題なくお留守番してくれます。

 

 留守番の際には、主に以下の5つが心配になります。

 

(1)えさ

 

(2)水

 

(3)トイレ

 

(4)いたずら

 

(5)空調

 

 まず1のえさ。Mさんのように7日分の皿を用意するのではなく、自動給餌器というものを購入しました。

 

 電池で動き、大きめの植木鉢くらいのサイズ。蓋つきの入れ物にカリカリえさを補給しておけば、決まった時間に自動的にザバーっとカリカリが出てきて、猫まっしぐらというわけです。

 

 1日3回くらいまでタイマー設定ができ、量も猫の体格に合わせて10グラムずつ調整できます。

 

 朝と夜、2回に分けてえさを与えているので、仕事の遅いときに使おうと思って購入しました。でも実際は、遅いと分かっているときは、朝にたくさんえさを入れておけば少しずつ食べてくれるので、普段使うことはありませんでした。

 

 しかし、その自動給餌器は倒すと、ふたがあいて全てのカリカリが出てきてしまうので、食い意地の張った猫の場合は心配かもしれません。

 

 それに、えさが出てくるときに“ウィーン!”とけたたましい音が鳴るので、我が家のビビり猫は、えさが出てきた瞬間はさっと逃げ、遠くから様子をうかがって、安全を確認してから食べていました……。

 

 そんなわけで、留守中のえさ問題は、Mさんの猫でなくても、意外とクリアできます。

 

 次回も、猫のお留守番について綴ります!

 

(ヤスダユキ)

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

この連載について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。