プードルもラブも「鼻の捜査官」 34匹が警察犬に

現場での捜査を手伝う嘱託警察犬と指導員ら=京都市伏見区
現場での捜査を手伝う嘱託警察犬と指導員ら=京都市伏見区

 民間で飼われている犬を訓練し、捜査に協力してもらう嘱託警察犬。京都市伏見区の府警察学校でこのほど、今年度決まった犬と指導員らに嘱託書が渡された。
 

 においを探知する能力などを調べた昨年11月の競技会で、シェパードやラブラドルレトリバーなどの大型犬や小型のトイプードルなど34匹が合格。4月から1年間、行方不明者の捜索や隠された危険物の発見、犯人の追跡などに協力する。
 

 府警によると、昨年7月に宇治市で起きたひったくり事件では、嘱託警察犬が、現場に残された靴が逃げた容疑者のものと特定、逮捕につながったという。山本哲也刑事部長は「『鼻の捜査官』として大変貴重な戦力」と期待する。
 

 3度目の挑戦で合格したトイプードル「シャーロッテ号」の指導員・保居円香(やすいまどか)さん(33)は「小さな体を生かして、人間や大型犬が踏み込みにくい場所で活躍してほしい」と話した。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。