いざ猫カフェへ うーん、なんか違う気が……

今や、我が家が猫カフェ
今や、我が家が猫カフェ

 2月22日は猫の日でした。

 

 その翌日、猫が好きでも嫌いでもない(つまり関心がない)友人が言いました。

 

「昨日のニュース番組は“猫の日”の話題ばっかり! 全局でだよ? 一体、どうなってるの?」

 

 どうなってるも、こうなってるも知らないけれど、今の日本は空前の猫ブームであることは明白です。

 

 そして猫ブームといえば、猫カフェなしには語れません。

 

 まだ猫を飼っていなかったころ、猫カフェの存在を最初に知ったときは衝撃でした。

 

 猫がたくさんいる部屋で、ゆっくりティータイムを過ごせるなんて天国じゃないか! 普段は猫とそう触れ合えないし、近くでじっくり見てやろう。と夢を膨らませ、5~6年前、東京郊外の猫カフェに行きました。

 

 雑居ビルの2階。

 

 ドアを開けると、受付のカウンターに、早くも長毛の猫が箱座り。か~わいい~。

 

 時間制で、お茶はフリードリンク。ティーバックとコーヒーが適当に置かれていて、まるで会社のお茶スペースのよう。おや…? なんか、想像してたの、と若干違うなぁ。

 

 ま、猫さえいれば、テンション上がるはず。と、受付を済ませて、奥の部屋に進みました。

 

 田舎の公民館を想起させる、だだっ広い部屋の所々に、テーブルと座布団が置かれている。お客は5~6組。ほぼ満席だったので、まぁ繁盛している。

 

 そこに猫が10匹ほど。棚の上で寝ていたり、パトロールしたり、お客とおもちゃで遊んだり、それぞれ好きに過ごしていました。

 

 お客さんは、受付で買えるえさを猫にあげてみたり、おもちゃを借りて猫にけしかけたり、写真を撮ったり楽しそうです。

 

 私はそんな様子を見ながら、お茶を入れて、おもちゃを借りて座布団に座ってみたものの……。

 

 うーん……。なんか違う。

 

 ちょろちょろっと猫じゃらしでけしかけてみたけれど、猫との触れ合いもほどほどに、30分ほどで猫カフェを出ました。

 

 猫は沢山いたし、かわいかった。

 

 でも、さほど楽しくはなかった。なぜだろう……。

 

 猫を飼ったことがないから、触れ合いに慣れていないからかな。

 

 それにしても何か違う。いや、猫を保護する目的で猫カフェしているなら、どんな形でもいいんです。いいんですけど、私の理想の猫カフェがあるような気がする……。

 

 初めての猫カフェが、予想より楽しくなかった理由がよく分からないまま数年が経ち、また別の猫カフェに行ったとき、“理想の猫カフェ”が見えたのでした。

 

 その話は、また次回。

 

(ヤスダユキ)

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

この連載について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。