超リアル猫シャツに胸キュン 主婦が刺繡、ネットで大反響

次男のために作ったねこシャツ第1弾
次男のために作ったねこシャツ第1弾

 ポケットからひょっこり顔を出す猫を刺繡(ししゅう)したシャツが人気だ。写真と見まちがうほど写実性豊かに手がけるのは、奈良県の主婦。ネットに載せたら瞬く間に世界に拡散し、注文が殺到した。東京の編集者の目にとまり、5月には作品集も出した。(末尾にねこシャツの写真特集)

 

 ちょうど2年前の今ごろだった。奈良県橿原市の主婦のhirokoさんがパソコンを開くと、100通近いメールが届いていた。「変なウイルスに感染したかと驚きました」

 数日前、大学生の次男のために手作りしたシャツを写真共有サイト「フリッカー」に掲載していた。猫好きの次男からリクエストされ、胸ポケットから顔をのぞかせる猫を写実的に仕上げた。

 大量のメールの送り主は、ネットでその画像を見た人たちだ。なぜか多くは外国人。「かわいいね!」「オーダーはとってないの?」。一つひとつ売り物ではないと返事した。反響メールは引きも切らず、日に数十通届いた。

「フィアンセがねこシャツに夢中で。同じようなものを作ってもらえませんか?」。英国の男性の丁寧な文面に心動かされ、応じることに。以来、できる範囲で注文を受けた。アジア、米国、ロシア、サウジアラビア……。注文主の7割超が外国人だ。1着3万5千円前後。これまで約130着を作った。


3年待ちも

 依頼を受けると、何度もメールでやり取りする。愛猫の写真を送ってもらい、シャツの寸法や好みの生地を尋ねる。英語が得意なわけではない。辞書を引きつつメールを書く。

 高校生から大学院生まで5人の子の母。子どもが小さいころから洋服を作っていた。刺繡を始めたのは10年ほど前から。どこかで習ったことはなく、独学だ。

 家事を済ませた午前8時から針を持つ。長いときは1日5時間。猫の種類によっては40色もの糸を使い、約1週間で仕上げる。抱える注文は100件以上あり、長い人で3年待ち。ネット上には「hirokoのねこシャツ」をうたう偽物も出現した。


作品を本に

 双葉社の編集者、勝又真由美さんはネットで見て「本になる」と直感した。「最初は猫の写真かと思いました。リアルなだけでなく、いきいきした表情で手仕事ならではの温かみもある」。昨年夏にhirokoさんと連絡をとり、本を出すことになった。

 手元に完成作はほとんどなく、掲載した約100匹の大半が発送前に撮影していたもの。国内外の注文主26人から届いた愛猫とのポーズ写真なども載せた。

 米国の大学教授ジェリー・コインさんは、猫派と犬派のディベートに参加したときに披露するため注文した。「途中でジャケットをバッと脱ぎ、シャツの猫を見せたいんだ」。hirokoさんは普段から注文主を有名人になぞらえて作業している。ジェリーという名前から女性だと思い、白衣を着たメグ・ライアンを想像したが、写真は貫禄のある男性で、驚いた。

「neko shirt ねこ刺繡」(A5判、税込み1404円)の問い合わせは双葉社(03・5261・4818)。シャツの注文は多数抱えているため、いまは受け付け休止中。作品はフリッカーで見られる。

 

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集 「めざせ20歳!服部幸先生の猫塾」大阪で開催

猫の飼い主さんなら是非知っておきたい、自宅でできる健康管理の方法や、気をつけるべき数値を学びます。正しい知識を身につけて、20歳を目指しましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!