犬オークションの現場 ペット流通のブラックボックス①

日本独特の流通システム。犬ビジネスの隆盛とともに巨大化し、複雑化してきた。だがそれが、様々な問題の温床にもなっている。捨て犬を生み出す、「ブラックボックス」に迫る。(編集部 太田匡彦)



ペットオークションでは途絶えることなく子犬が競りにかけられていく(写真は本文とは別のペットオークション)
ペットオークションでは途絶えることなく子犬が競りにかけられていく(写真は本文とは別のペットオークション)

 競り人の声がマイクを通じて大音量で聞こえてくる。その合間を縫うように、子犬や子猫のか細い鳴き声が耳に届く。

 中央に小さな檻が据えられ、周囲を折りたたみ机が取り巻く。約80人の男女が、普段着で折りたたみイスに座る。備えつけられたボタンを手にするのが、子犬を競り落としに来たペットショップのバイヤーたち。それ以外は、出品しているブリーダーだ。

 ある地方の、幹線道路沿いに立つペットオークション(競り市)会場。プレハブ造りのこの会場で毎週、子犬や子猫の競りが行われている。

「プードル、メスでぇす」

「柴犬、オスでぇす」

 競り人が独特の調子で一匹ずつ犬種名、性別などを読み上げる。するとビニール製の手袋をはめた男性が子犬を片手で高く持ち上げ、中央の檻まで運んでくる。途中、骨格や関節を確認するためか素手で子犬をさわるバイヤーもいる。

 バイヤーたちは、檻の中の子犬とその上に据えられたモニターに映る伝票を凝視しながら、ボタンを握りしめる。2人以上がボタンを押し続ける限り、落札価格は1000円ずつ上昇する。すぐに5万円、6万円という値がつき、子犬が競り落とされていく。一匹につき数十秒、長くても数分で買い手が決まる。

 競り落とされた子犬は、すぐに小さなカゴや箱に詰め込まれ、バイヤーの前に積まれていく。目の前に小山のようにカゴを積んでいくのは、誰もが知っている大手ペットショップチェーンのバイヤーたちだ。

 こうして、毎週300~500匹の子犬がこのオークションから各地のペットショップへと流通していく。

年間35万頭

 2008年度、全国の地方自治体に引き取られた犬は11万3488匹に上り、うち8万2464匹が殺された。本誌ではこれまで、大量の捨て犬を生み出す犬の流通システムの「闇」を暴いてきた。

チャート1:2008年に流通した犬の流通・販売パターンと流通総数について、環境省が推計したデータをもとに、独自の取材を加えて作成。%は推計流通総数に対する各ルートの流通数の割合を示す
チャート1:2008年に流通した犬の流通・販売パターンと流通総数について、環境省が推計したデータをもとに、独自の取材を加えて作成。%は推計流通総数に対する各ルートの流通数の割合を示す
 流通システムの根幹を成しているのが、ペットオークションだ。チャート1を見てほしい。ペットショップ(小売業者)は、その仕入れ先のほとんどをオークションに依存している。ブリーダー(生産業者)にしても、出荷の5割以上がオークション頼り。推計だが年間約35万匹の子犬が、オークションを介して市場に流通している。つまり現在の犬の流通は、オークションなしには成り立たなくなっているのだ。

 オークションは日本独特の流通形態。現在全国で17ないし18の業者が営業している。売り上げは、ブリーダー(出品者)とペットショップ(落札者)の双方から集める2万~5万円程度の入会金、2万~5万円程度の年会費、一匹あたりの落札金額の5~8%に相当する仲介手数料から成り立っている。

(AERA 2010年5月31日号掲載)

太田匡彦
1976年生まれ。98年、東京大学文学部卒。読売新聞東京本社を経て2001年、朝日新聞社入社。経済部記者として流通業界などの取材を担当。AERA編集部記者、文化くらし報道部を経て、特別報道部・専門記者。著書に『犬を殺すのは誰か ペット流通の闇』(朝日新聞出版)などがある。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!