近藤良平&シオン 女王様のようにプライド高い犬

個性豊かな犬たちと暮らしてきた
「愛犬家」の近藤良平さん。
先輩犬たちのこと、“女王”シオンのこと。

 

取材・文/sippo編集部  撮影/和田裕也  


 

犬とピアノを手に入れられる場所


 近藤良平さんのプロフィールは、「愛犬家」という言葉で締めくくられる。潔い、ひと言だ。

 

「本当に犬が好きで。独身時代は猫と暮らしていたのですが、結婚を機に“犬とピアノを手に入れられる場所”を絶対条件として住まいを探しました」

 

 今、近藤さんが共に暮らすのは、ワイヤーへアード・フォックス・テリアのシオン(女の子、7歳)。近藤さんは愛犬のかかりつけの動物病院で、“ずる過ぎるくらいかわいい”ワイヤーへアード・フォックス・テリアに出会い、その飼い主との交流がきっかけで、子犬のシオンをもらい受けた。

 

 若い頃のシオンはまさに女王様で、それはプライドが高かったという。年上で先に旅立った2頭のゴールデン・レトリーバーのデュークとナイトをかわいがろうものなら、「どうして私のことをかまってくれなかったのっ?!」とばかりに嫉妬を露(あら)わにしたという。

 

 ワイヤーへアード・フォックス・テリアは元来、名前のとおり狐(きつね)狩りで活躍した犬種だ。機敏で、瞬発力やジャンプ力も高い。少々太り気味と指摘されるシオンだが、身体(からだ)はしっかりと筋肉に包まれ、散歩ではその威力を発揮する。

 

 

デュークやナイトたちのこと

 シオンはデュークのいる近藤家にやってきた。

 

「デュークは本当に優しい子で、シオンのおてんばぶりにも、『まぁ、そういう子もいるだろう』という感じで接していました。彼は警察犬の家系に生まれ、もらい受けるにあたっては、元警察犬訓練士から“犬の、そしてゴールデンという犬種の、飼い主として適切かどうか”の厳しい審査を受け、“犬のしつけの何たるか”をみっちり仕込んでもらったという。「かなり真面目なドッグライフでした(笑い)」

 

 一方ナイトは、遺棄されて命が危ういところを保護され、一時預かりとして近藤さん宅に来た子だった。迎えたときは痩せていて、人間不信もあったという。「それでも、思ったより早く家族になじみました。同じ犬種でも、デュークとナイトはたどってきた道が全く違う。優等生でおおらかなデュークに対して、ナイトはたとえば猪突(ちょとつ)猛進しては穴に落ちて、『あー、またやっちゃった!』を繰り返すような、だめっぷり全開な子でした」

 

 近藤さんの奥様も命を救う役に立てるならと、保護犬の支援活動に参加する。今、奥様の実家で元気に暮らす雑種の小夏は、近藤さん宅に迎えたときには、あばら骨が浮き出て、2日間はうずくまったままだったという。家族も先住犬たちも優しく見守り、小夏はゆっくりゆっくり犬らしさを取り戻した。

 

 奥様は鍼灸(しんきゅう)師で、「我が家の玄関でねそべる犬に迎えられるだけで、お客さんのコリは半分緩んでいるのでは」と近藤さんは微笑(ほほえ)む。「ただ、ピョンピョン飛びついてくるシオンには、癒やされない人もいると思いますけど……」

 

 デュークを迎えたときには厳格なしつけを実践していたが、シオン、ナイトをはじめ何頭かの犬を迎え、その間に次女も生まれて、基本的なしつけは当然のことながら、全体としては緩やかな暮らしに変わってきたそうだ。

 

 

犬と人の関係は進化の途中

 子どもの頃は野犬を見て「怖い」と思ったのですが、大人になった今は「申し訳ない」と思ったりします。大袈裟(おおげさ)かもしれませんが、現実的には人間は犬や小動物を平気で捨てます。犬を縄につないだまま家を引っ越したりします。しかし犬たちは決して人間を捨てません。〈中略〉犬とニンゲンの関係はまだまだ進化の途中なのです――(近藤さんのブログ「近藤良平の人間の掟(おきて)」より)

 

「犬と暮らしたいなら、それが無理なくできる環境を作ってほしい。引っ越ししても、仕事を変えても、生活を見直してでも、です」

 

「シオンを見ていると迷いがない。テリアらしい子です。僕も停滞が好きではないから迷わない。僕の仕事には正解がありませんから、選んだら『これだ』と思っていないと前に進みません。お嬢さん、あなたもそのままでいてくださいね!」

 

(朝日新聞 タブロイド「sippo」No.22(2014年3月)掲載)

 


近藤良平(こんどう・りょうへい)

振付家・ダンサー。学ラン姿でダンス、映像、コントなどを展開するダンス・カンパニー、コンドルズ主宰。NHK「サラリーマンNEO」「からだであそぼ」などに振り付け出演。第4回朝日舞台芸術賞寺山修司賞受賞。大学で非常勤講師としてダンスの指導にあたる。味の素スタジアムで開催された東京スポーツ国体2013の、開会式式典演技の総演出を担当。南米育ち。愛犬家。

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

この特集について
Words for You ―君に贈る言葉―
犬や猫と暮らす著名人に、愛犬・愛猫との生活ぶりや思い、広く動物福祉などについて聞くインタビュー集です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。