「私の動物愛護リレーエッセイ集」を一冊に オープンカレッジでの講義を経て思うこと

『飼いとげよう。』を持って行った、岐阜大学で行われたオープンカレッジでの講義。タイトルは「ナンヤローネ? ナンカヤローネ!」という全体タイトルにちなんで、「動物愛護ってナンヤローネ?」とした

 前回、最後のほうに少し書かせていただいたのですが、『エンジン01文化戦略会議』内の「動物愛護委員会」の皆さんとつづった「私の動物愛護リレーエッセイ集」が、その名も『飼いとげよう。』というタイトルで一冊にまとまりました。

豪華メンバーが集結した一冊に

 なんと! 『飼いとげよう。』のカバーはエンジン01文化戦略会議会員でもある漫画家・東村アキコさんが無償で描いてくださり、編集は、元「マガジンハウス」のカリスマ編集者で、現在はクリエイティブディレクター&ファッションエディターの堀木恵子さんが無償で担当してくださいました。

私の動物愛護リレーエッセイ集を一冊にまとめた『飼いとげよう。』の表紙

 エッセイは、林真理子さん、安藤優子さん、堀紘一さん、神野美伽さん、和田裕美さん、金恵京さん、倍賞千恵子さん、田中英成さん、鎧塚俊彦さん、東海林良さん、鈴木久泰さん、小六禮次郎さん、勝間和代さん、熊本マリさん、今野由梨さん、ロッド(ロドリグ)マイヨールさん、伊沢元彦さん、湯川れい子さん(※掲載順)という、そうそうたるメンバー。東海林さんと鈴木さんの間に、私も入っています。

岐阜大学で行われたオープンカレッジへ

 10月28日~30日、岐阜大学で行われた「エンジン01 in 岐阜」というオープンカレッジでも、動物愛護委員会はこのエッセイ集を持って、講義を1コマ行ってきました。

 参加者は、湯川さん、堀さん、田中さん、倍賞さん、私。コロナの影響で、岐阜のオープンカレッジは一昨年も昨年も開催されず、“3度目の正直”で、やっと開催することができたのです。

 これまでも、オープンカレッジで動物愛護の講義をする際には、地元の愛護団体の方をゲストにお迎えしています。今回は、『ネコリパブリック』代表取締役の河瀬麻花さんにおいでいただきました。

オープンカレッジの冊子の表紙で。男性は、今回の実行委員長の日比野克彦さん

 ネコリパブリックさんは、地域の保護猫団体と協力し、保護された猫の里親探しを行いながら、猫とおしゃれで素敵なライフスタイルを提案し、ビジネスとしても“自走”できることを目指す新しいスタイルの「自走型保護猫カフェ」としてスタートしました。

 前回、「川島なお美動物愛護賞」について書かせていただいたときにも、大賞にあたる「川島なお美賞」を受賞した『さかがみ家』の坂上忍さんが、この自走について強く訴えていらっしゃったことに触れました。愛護団体を継続させていくために、もっとも大切と思われるのが自走ではないでしょうか。

「エンジン01 in 岐阜」という岐阜大学のオープンカレッジにて行った動物愛護委員会の講義の様子

 ネコリパブリックさんは、イベントの参加や、雑貨やペット用品のお買い物、食堂で食事するなど、楽しみながら猫の保護活動をサポートする仕組みを作り、理念を共有する多くの企業と連携し、さらに“猫助け”の輪を広げていくというお考えです。

 本当に多くの場所でこのことを話していらっしゃるのだなぁと感じたのは、河瀬さんがモニターに映し出される内容をほとんどご覧になることなく、立て板に水の如く、スラスラと説明をされていたからでした。しかも、ずっと笑顔。まさに“楽しみながら猫助け”をしていらっしゃるのだなぁと感動しました。

微力だけれど無力ではない、活動への決意

「川島なお美動物愛護賞」の授賞式でも、各地で行われるオープンカレッジでも、こうして懸命に活動していらっしゃる動物愛護団体の方たちとお目にかかれて、お話をうかがうことができることは、本当に有意義なひととき。背筋が伸びるというだけでなく、我々にできることは何だろうかと考えるチャンスもちょうだいしています。

講義後の集合写真。前列中央が「ネコリパブリック」の河瀬さん。前列向かって左から、湯川さん、倍賞さん、河瀬さん、堀さん、私。後列は、「メニコン」の田中英成社長。気持ちを新たに、みんなをつなぐ懸け橋となりたい

 私は動物愛護委員会において、主に「川島なお美動物愛護賞」や「オープンカレッジ」を開催の際のマスコミ対応とPR活動を担っています。そうした団体の皆さんの活動を少しでもメディアに取り上げてもらえるような橋渡しをしていくことが、いつも書いている“微力だけど無力ではない”の一つであるように思っています。

「この世の全ての猫に、安心して眠れる場所と、お腹いっぱいの幸せを与えたい」とは、ネコパブリックさんが掲げるミッション。その“猫”の部分を私は“犬”に置き換えて、今後も活動していきます!

(次回は12月13日公開予定です)

【前の回】「川島なお美動物愛護賞」を経て気持ちを新たに みんなをつなぐ懸け橋となりたい

山田美保子
1957年生まれ。青山学院大学卒業後、ラジオレポーターを経て、放送作家、コラムニストなどを務める。『踊る!さんま御殿!!』の構成や、『バイキングMORE』『サンデージャポン』などのコメンテーターを務める。ほかに雑誌、新聞、WEBに連載多数。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

この連載について
山田美保子の育犬日記
人気放送作家の山田美保子さんが愛犬たちとの日々をつづるブログ。ペット愛好家セレブの御用達グッズなど、芸能界の話題も。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。