朝ごはんを食べ終えて毛繕い中です スコティッシュフォールド「gris」

<sippoストーリー>
gris(ぐり)/男の子/スコティッシュフォールド/2歳
普段の呼び名:ぐり、ぐ、ぐっぐ、ぐっちゃん、ぐったん、ぐったま、ぐたま、ぐりたま、たまぐり、たまぐ、たま、ぶたま、豚まん、うたま、うり、 のっしーくん(のしのし歩いてくるから)くんくんくん(なんでも匂いを嗅ぐから)など 普段は「ぐり」「ぐ」「たま」と呼ぶことが多いです。
飼い主さんのニックネーム:grisgrismaiko(まぁま)

■名前の由来はなんですか?
フランス語でグレーの意味、黒の毛と白の毛が混ざって毛玉グレーなのと響きも可愛いのでぐりと命名しました。

■出会ったきっかけはなんですか?
出会いは従姉妹に同行したことがきっかけです。従姉妹はお迎えを決めている子がいて、一緒に見るうちに前々からお迎えしたいなと思っていたこともあり現実的に考えるようになっていました。気になったぐりに実際に会ってみると、とっても可愛くて元気で好奇心旺盛!しかもゴロゴロ言ってる……。離れがたい気持ちになりながらも家族への相談もあるので帰宅しました。ですが、絶対にあの子しかいない!!と、2時間後にはぐりの元へ舞い戻っていました。うちのこになってくれて、本当にうれしいです。

家に来たころの「gris(ぐり)」

■今回選ばれた写真はどんな時に撮った写真ですか?
本当に何気ない日常のひとコマです。朝ごはんを食べ終えたぐりが、窓辺で毛繕いを始めたところを撮影しました。毛繕いシーンって大好きなんです。ちらっと出てる舌も、顔を拭う手も全部にカワイイが詰まってる。どれだけ見ても見飽きず、思わず朝食の手を止めてパチリと撮りました。

■ペットとの忘れられないエピソードは?
ちっちゃな子にも優しいぐりのほっこりエピソード。猫ちゃんは小さな子供が苦手な子も多いと聞きますが、ぐりと姪っ子ちゃん(4歳、出会った当時は2歳半)はとっても仲良し。ぐりが5キロくらいの頃、姪っ子ちゃんが両手をぐりの脇に差し入れなんとか抱っこして見せました。お尻をホールドされていない不安定なポーズにも関わらず、じっとおとなしく抱かれてそのまま数メートルほど抱っこして運ばれていました。
意外と(?)賢い、ちょっぴり笑っちゃうぐりのエピソード。お隣のうちに従姉妹の愛猫マンチカンのレオが住んでいます。そのレオのお世話係(下僕)とみているのか、なせか叔母のことだけよくガブガブするんです(痛くない)。私にはまったくしないんですけどね(笑)

■ペットと一緒に暮らし始めて、あなたに起きた変化はありますか?
あたたかな存在がうちにいてくれることで、生活がより彩りを増しました。それ以前の自分のライフスタイルにも十分に満足していたのですが、「ぐり以前」と「ぐり以後」では生活の質が変わりました。お部屋は以前のようにシンプルにすっきりと、とは行かなくなり、そこここにぐりのおもちゃや捨てられない段ボールがありますが、それも幸せな光景のひとつです。帰宅すると愛情たっぷりのキラキラの瞳で出迎えてくれる度に「大好き」があふれてしまいます。

■他の飼い主さんに薦めたいグッズは?
フリースのブランケット。理由:これさえあればどこでも即席猫ベッドに早変わり。在宅ワーク時に、寝室の洗面ドレッサーを使用するのですが……。隣にあるシンクで仕事を監視する「お仕事」をしたいぐりのため、シンクはブランケットをプラスして、即席ベッドに早変わりさせています。PETKITのマッサージコームと、シリコンと豚毛のタブルブラシを愛用。どちらもシリコン部分、豚毛ともに肌触りもソフトなのが良いのか、ブラシをあてるとうっとりしています。被毛のケアとコミュニケーションの一石二鳥。

■最後に、ペットへのメッセージをお願いします
コロナ禍になる少し前の2020年1月、我が家にやって来た2019年生まれの男の子。普段はお留守番の多い生活……の予定が、現在までほぼ在宅ワークとなり、たくさんの時間を一緒にすごすことができています。くっつき虫ではなくて(まぁまはそうなって欲しいけど)、 まだお膝猫はしてくれないけれど、1歳を過ぎた頃から甘えん坊に拍車がかかり姿が見えないと大きなお声でにゃーーーんと探されます(可愛い)。

【関連記事】
毎朝同じ時間に起こしてくれる スコティッシュの「ゆめ」 
早く動画が観たいニャー スコ「カイザー」、初対面の思い出は元気な甘嚙み 

「sippoストーリー」かわいい写真募集中!
sippoストーリー
かわいいワンコ・ニャンコを毎日1匹、日替わりで紹介します。


<応募方法>
愛犬・愛猫の写真にハッシュタグをつけて投稿してください。
Instagram @sippo_officialをフォロー #sippoストーリー
Twitter @Asahisippoをフォロー #sippoストーリー

投稿された写真をsippo編集部で厳選し、紹介していきます。
※選ばれた方には、SNSのDM(ダイレクトメッセージ)で直接連絡しますので、入力フォームから情報入力をお願いします。

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

この連載について
sippoストーリー
飼い主さんからの投稿企画です。自然な表情の犬や猫の写真とともに、飼い主さんとペットとのとっておきのストーリーをご紹介します。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。