流涙症の魚卵猫姉妹 毎日かいがいしく目ヤニを拭くバブ夫に、素直に感謝できないワケ

大盛のぞみ猫マンガ「やっぱ、猫じゃけぇ」1コマ目

大盛のぞみ猫マンガ「やっぱ、猫じゃけぇ」2コマ目

大盛のぞみ猫マンガ「やっぱ、猫じゃけぇ」3コマ目

大盛のぞみ猫マンガ「やっぱ、猫じゃけぇ」4コマ目

  

 エキゾチックショートヘアの魚卵姉妹を我が家に迎えるまで、「流涙症(りゅうるいしょう)」というものが存在するのを私は知りませんでした。

 イクラはなんとなく目がいつもウルウルっとしてるな、と思うくらいなのに対して、タラコはちょっと放っておくと涙と目ヤニで目の周りが茶色くなってしまいます。

 漫画の中では逆さまつげと書きましたが、実際には「眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)」という、下まぶたが内側に入り込んでしまう症状を生まれつき持っていることによって、流涙症もひどくなってるみたいです。

目の周りを拭かれる猫
マメに目の周りを拭いてやらないと、すぐ茶色くなるタラコ

 手術が必要というほどでもないけど、気がついた時に人間がおめめ周りを優しくティッシュで拭いてやらなければならないという、ちょっぴり手がかかる猫、タラコ。

 そんなタラコを「絶対この子野生で過ごせないじゃーん、姫っぽ〜〜〜い♡」と大切にするのがバブ夫。

 タラコに限らず、全猫の目ヤニやあごニキビ、爪の状態も毎日チェック。

 以前は猫の爪が伸びていると気づいても「爪を切るのに失敗して猫に嫌われたら嫌だから!」と、私を呼び付けて爪を切らせていたのに大変な進化です。

 この猫を溺愛するさま! めちゃくちゃありがたいんだけど、嫁の誕生日を始め、結婚記念日などを結婚以降スルーし続ける人と同一人物とは、とても思えないのであります。

猫にブラシをかける男性
嬉々としてタラコの世話をするバブ夫

「人間の女のめんどくささに比べたら、猫の世話なんてご褒美みたいなもの」とまで言い切ったバブ夫。

 アンタの身の回りの人間の女なんか、私と娘しかおらんやろがい!!

 人間の本気のめんどくささを全開で見せつけてやる時がキタ!!!!

 そんな気がしています。

(この連載は隔週金曜日に更新します)

【関連記事】こんな旦那はイヤ 食にうるさい猫 やっぱ、猫じゃけぇ(42)

大盛のぞみ
中太りひきこもり系主婦。漫画をInstagramに投稿するのが趣味。好きなものは脂と猫。嫌いなものは運動と努力。赤子系旦那と子供2人、猫5匹の9人家族です。

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

この特集について
やっぱ、猫じゃけぇ
意識低い系主婦による猫マンガ。三度の飯と同じくらい猫が好き。そんな気持ちを毎週部屋の隅っこからぶつけます。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。