元繁殖猫から生まれた子猫 先住猫と意気投合、食べるのも遊ぶのも大好きに

 今年8月、動画配信サービスに、悪徳ブリーダーによる飼育崩壊現場の映像が公開された。その劣悪な環境から救助された元繁殖猫が、保護先で子猫を出産。そのうちの1匹の飼い主となった女性の元を訪れた。

(末尾に写真特集があります)

本物の姉弟のような2匹

 東京・杉並区にある庭付きのマンション。玄関のチャイムを鳴らすと、飼い主の麗子さん(58歳)が迎えてくれた。

「ごめんなさい、いま2匹ともお昼寝中で……。あ、1匹は起きたけど隠れちゃったかな」

 日当たりのいいリビングでは、ふかふかのクッションの上で、うす茶の子猫が眠っていた。生後4カ月のオス猫、そらくんだ。今年10月、麗子さんの元へやってきた。

「物おじしない性格で、食いしん坊(笑)。あと、とにかくすばしっこくて、うちでは『チョロQ』って呼ばれることも」

 話し声に目を覚ますことなく、お腹を天井に向けて寝ている。

 麗子さんとご主人、社会人のお子さんの4人暮らし。麗子さんは今年1月、メス猫のうみちゃんを迎えたばかりだった。

先住猫のうみ(左)とハロウィーンパーティー(麗子さん提供)

「先住猫と新しい猫が打ち解けるまで、だいたい2週間くらいかかるって聞いていたんです。でも、うみとそらはたった4日で仲良しに。驚きました」

 血のつながらない2匹だが、相性はぴったりのようだ。

「ときどき、うみがそらのお母さんのように接することがあるんです。うみだってまだ1歳の子どもなのに、気を遣いすぎじゃないかって、ちょっと心配になるくらい」

 ソファの下に隠れていたうみちゃんが顔を見せてくれた。麗子さんは目を細めた。

恵まれない境遇に生まれた子を幸せに

 3年前、飼っていたセキセイインコが13歳で大往生を遂げた。そのとき麗子さんは命の重さを感じ、しばらく動物と暮らすことは考えられなかったという。でもー。

「なんかふと、また頑張ってみようかなって」

 子育ても一段落し、ちょうど仕事も退職を決意した時期。新しい命を預かる挑戦を、再びしてみようと思い立った。迎え入れるなら、ペットショップではなく保護猫と最初から決めていた。

「どこで生まれた猫であれ、かける愛情は同じ。それならば、大変な境遇に生まれた子を幸せにしてあげたいと思ったんです」

 保護猫サイトを経由して、「おーあみ避難所」で保護されていたうみちゃんと出会った。

 猫を飼うのは初めてで、麗子さん自身不安でいっぱい。家族からも心配された。最終的に、自宅から徒歩5分の場所に猫専門の動物病院があることが後押しとなり、うみちゃんを迎え入れることに。

青い瞳なので「うみ」と名づけた

 だが、一緒に暮らして半年くらいが過ぎたころ、うみちゃんの寂しそうな表情が気になったという。

「庭にきた地域猫を家の中からずっと眺めていて。『遊びたいのかな、兄弟がいたほうがいいのかな』って思ったんです」

 うみちゃんが1歳になる前に、もう一匹迎え入れようと決意。再び保護猫を探し始めた。

元繁殖猫の子どもを家族に

 そのとき、麗子さんは悲惨な映像を目にしてしまう。悪徳ブリーダーによる飼育崩壊現場だ。

「『悪徳ブリーダー』って言葉では聞いていたけど、映像で見たのは初めて。とてもショックでした」

 高齢のブリーダーが40もの猫やウサギを飼っていたが、飼育小屋は糞尿まみれ、餌も1日1回与えられているかも分からなかった。

「こんなひどいところで子どもを産ませているなんて」

屋外の劣悪な飼育環境(おーあみ避難所提供)

 映像には、虐待飼育されていた猫たちが次々と映し出された。糞がこびりつき悪臭を放つ猫、生きる気力をなくした猫、人の言葉に反応しない子猫。死んだまま放置された猫。

 そのなかに、力なく横たわる1匹の妊婦猫がいた。推定8歳。

 これまで何度も出産させられた繁殖猫だった。耳ダニがつき、掻きすぎて耳が壊れてしまっていた。うみと同じ「おーあみ避難所」に保護され、無事に出産。ままりんと名づけられた。

「映像を見た日の夜におーあみさんに連絡して、『猫を引き取りたい』という意思を伝えました。『うみに合う子なら、どんな子でもいいです』と。結果、ままりんが産んだ子猫の中から紹介してもらったのが、そらだったんです」

食いしん坊に育って

 コロナによる外出自粛もあり、子猫の様子は写真でしか見ることができなかった。迎え入れ当日、麗子さんの自宅が初対面の場となった。

「初めて抱いたそらは、本当に小っちゃくて。体重を量ってみたら、たったの768g。本当に育てていけるのか、少し不安になったほど」

迎え入れ当日の様子(麗子さん提供)

 いまでは2㎏近くにまで増えた。だが、近い月齢の子猫と比べると「心なしか身体が小さい気がする」と麗子さんは言う。

「やっぱり、母親の栄養状態が影響したのでしょうか……。でもね、そらは本当によく食べるんですよ。獣医さんいわく、そらは赤ちゃんの割に活発に動きまわりすぎなんですって。そりゃあ、おなかも空きますよって言われて(笑)」

 遊び盛りは、そらくんだけではない。

「昼間はいつも2匹で駆け回って、大運動会なんです。おかげで、夜はぐっすり寝てくれます(笑)。寝るときは別々。それぞれお気に入りの場所があるみたいで」

 いつのまにか、そらくんも起きてきて、こちらを見上げていた。

これが「最後の命」

「そらが来てからまだ2カ月ですが、2匹の猫との毎日は新しい発見続き。とにかく『必死』です(笑)。知らないことばかりなので、猫の飼育に関する本もたくさん読みました」

 麗子さんの腕をすり抜けたうみちゃんが、食器棚の上に置かれたお気に入りのカゴにぴょんと飛び乗った。そらくんは、まだ真新しいキャットタワーでまったり。

 さっきまで2匹がくつろいでいたソファには、爪とぎから張地を保護するために、青と黄色の布がかけられている。

「猫と暮らすと、家の中に置く物や、見える景色もがらりと変わりますよね」

お気に入りのおもちゃを握ったまま眠ってしまった(麗子さん提供)

 誕生日が1年も違わない2匹だから、歳をとっていくのも同じペース。かつて家族だったインコと同じように、これから先、10何年と一緒にいられたなら。

「私自身の年齢も考えると、命を預かるのはこれが最後かな」

「ご飯をあげて、トイレをきれいにして、まさに子育てに追われている感じ」と、麗子さんは楽しげに笑った。最近まで子どもの話題中心だったご主人との会話は、もっぱら猫のことばかりなのだそう。

 麗子さんは、始まったばかりの「第2の子育て」を、心から楽しんでいるようだ。

◆おーあみ避難所の活動の様子はホームページをご覧ください。

増田夕美
フリーライター・編集者。ライフスタイル系を中心に、インタビュー、コラム執筆、SEO記事作成など幅広く活動。ときどき銭湯取材も。幼い頃から身近に動物がおり、これまで猫2匹、犬1匹と暮らす。現在は三毛猫が1匹。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。