手作りカレーと「にくきゅうカヌレ」が人気の保護猫カフェ 5年で158匹の猫を譲渡

 オーナーの曽野宏信さんが、「SAVE CAT CAFE」をオープンしたきっかけは、猫の殺処分の動画を見たこと。

(末尾に写真特集があります)

「世の中にこんなに理不尽な扱いを受けている命があることに衝撃を受け、里親会のボランティアや保護活動を始めました。続けるうちに、里親探しが一番のボトルネックだと気づき、1匹でも多くの猫が幸せに暮らすために保護猫カフェを開きました」。

 フリースペースの猫カフェとは異なり、お客さん同士が適度な距離を保てるレイアウトと、独立した飲食スペースもあり、のんびり気兼ねなく猫とくつろげる。

優しい性格の茶トラ猫「月ちゃん(1歳♀)」
マイペースだけど優しい性格の月ちゃん(1歳♀)

 また初回来店時には、猫とのふれあい方やあいさつの仕方を説明する、各テーブルに猫との遊び方の説明書を置く、猫のストレス軽減のため抱っこは遠慮してもらうなど、猫ファーストなサービスを実施。さらに「おいしいカフェ」としての魅力も高く、メニューは全てオーナーの手作りで、おすすめはスパイスから作る「カレー」と猫の肉球を形どった「にくきゅうカヌレ」。

 清潔感あふれる店内には、猫とふれあう目的の人だけでなく、ランチやティータイムの「おいしさ」目当ての人も多く訪れる。

一番人気のカレー
一番人気のカレーもご賞味あれ!

「里親を希望される方には、脱走対策や室内飼育の大切さをご理解いただけるか確認したり、ライフスタイルや思い描く猫との暮らしをお伺いし、相談に乗らせていただいたりしています。今年で開店5年になりますが、これまで158匹の猫に里親さんが見つかり、カフェを卒業しました。これからは、猫と暮らしたくなったら保護猫を迎えることが文化となり、全ての猫が幸せに暮らせる世の中になってほしいです」

(取材・西宮三代 写真提供・SAVECATCAFE)

SAVE CAT CAFÉ
住所:大阪府大阪市北区天神橋5-7-8 山田ビル2F
TEL:06-7165-6504
営業時間:12:00~20:00(19:00L.O)
定休日:不定休
※利用の際は靴下が必須です
公式サイト:https://www.savecatcafe.net
Twitter:@savecatcafe
Instagram:savecatcafe

【関連記事】まるで山の別荘! 譲渡型猫カフェ兼保護猫ホーム「ねこらぼ」

辰巳出版が隔月で発行している猫専門誌です。猫愛にあふれる企画や記事の質に定評があります。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

この特集について
from猫びより
猫専門誌「猫びより」(辰巳出版)から提供された記事を集めた特集です。専門誌ならでは記事や写真が楽しめます。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。