ワンコが喜ぶ宿に旬なおやつも!愛犬家の大日方さんおすすめ、ふるさと納税のお礼の品

 sippoの連載でもおなじみ、元保護犬の愛犬4匹と、預かり犬2匹と暮らすパーソナルスタイリストの大日方久美子さん。動物愛あふれる彼女が「こんなに素敵な制度を利用しない手はない!」とハマっているのが、実はふるさと納税。その活用法から、ワンコたちとの暮らしを豊かに彩るコトやモノのセレクトまで、愛用しているポータルサイト『ふるさとチョイス』を使って、その素晴らしさをレポートします。

初めは半信半疑だったけど……

「『ふるさと納税? こんなおいしい話、本当にあるの?』なんて、最初は半信半疑だったんです。そうなると、徹底的に調べ尽くすのが私の性格で、多方面から情報を集めました。するとこれは、納税する人も、納税される事業者さんも、全員が幸せになるWin-Winの制度だとわかって、以来すっかり“ふるさと納税マニア”に。会う人ごとに『やってる? やってない? 人生損してる! 今すぐ始めて!』とおせっかいを焼いています(笑)」

「私、ふるさとチョイスについて詳しいですよ~!」

 大日方さんが愛用しているポータルサイトは「ふるさとチョイス」。

「始めたのは5、6年前。まだふるさと納税ができるサイト自体が少なくて、気がつけば『ふるさとチョイス』を選んでいたんです。勉強のために参加したイベントも『ふるさとチョイス』主宰でしたね」

ふるさとチョイス」は、まだほとんどの人がふるさと納税を知らなかった頃から存在する、 いわばリーディングカンパニー。全国津々浦々の自治体と二人三脚で歩みを始め、地域と寄付者の橋渡しをすべく、“ふるさと愛”をもって展開してきた。

 今では全国1,500強の自治体、30万点以上の地域の名産品などを網羅し(※2020年9/25現在)、よく知られるお礼の品はもちろん、ここでしか手に入らないレアなお礼の品まで幅広く扱っているのが特徴だ。

自分で選んだ使い道に寄付をすることがスタート

「『ふるさとチョイス』には寄付金の『使い道を探す』ことで寄付先を選べる仕組みがあるので、そこから応援したい使い道を選び、寄付を行う。それが私のふるさと納税のファーストステップでした。自分の税金の使い道が選べるのならば、やはり自分の選んだ使い道に使って欲しいと思ったので」

 そのあと、残りの控除金額で自分のためのお礼の品を選ぶ、というのが大日方さんのセカンドステップ。最初に選ぶのは、ワンコたちのためのおやつだそう。お礼の品には、地方の特産品ならではの貴重な品々がそろっている。ふるさと納税でこそ、愛するワンコが喜ぶ良質なアイテムが見つけられるのだ。

「定期便がおすすめですね」

「お気に入りで何度か頼んでいるのが、ワンコたちの無添加のおやつ、但馬鹿のいろいろジャーキーセット。ご夫婦で営んでいて、自分で猟をしてさばいて、命すべてを余すところなく加工しているという貴重なもの。愛犬には安心・安全なものを食べてもらいたいので、ご夫婦のストーリーをじっくり読んで、応援の気持ちを込めてオーダーしています」

 さらに「費用対効果が高くて、選びやすい」と太鼓判を押すのが定期便だそう。

「最初のころは、申し込み期限の12月に駆け込むように寄付していたのですが、一気に生鮮食品が届いて我が家だけでは消費しきれないことがありました。そこで見つけたのが『ふるさとチョイス』の定期便。季節ごとにお野菜やフルーツが届くという優れもので、春はイチゴ、夏はメロン、秋はぶどうなど、四季が味わえるのも楽しい! 贅沢したい年末年始のために、高級なお肉や海鮮は12月に届くように手配することも覚えました(※)」

※お礼の品を検索する際に希望の配送日や配送時期を指定する場合は、「配送日指定」「配送指定可能月」を選んで絞り込むことができます。

ワンコライフをもっと豊かに

みんな、どれがいいかな?

 そうやって数々のお礼の品を堪能し、マイルールを構築してきた大日方さんが、あらためて探しているのが「ワンコたちとの暮らしを豊かにするコトやモノ」。そこで実際に『ふるさとチョイス』を使って、選んでもらうことに。

 まず、「暮らしを豊かにするコト」を探すため、カテゴリーから「旅行」を選び、さらに「宿泊券」、「ペットと泊まる宿」へ進む。

『ワンちゃん同伴の宿、モンターニャ』

「こんなにたくさんあるんですね! ワンコたちの負担を考えると近場がいいかな。あ、ここ、素敵ですね! 山梨県富士河口湖町の『ワンちゃん同伴の宿、モンターニャ』。自然豊かで、ごはんもおいしそう! 移動距離が長いとワンコたちに負担がかかってしまうので、山梨という距離感がいいですよね。何よりドッグランと、さらに犬専用プールもあるなんて最高です」

 次に探すのは「暮らしを豊かにするモノ」。まずは検索スペースに「ペット」と入れ、「寄付金額」と「応援したい県」を設定することでスムーズに検索ができる。

左から『小諸産鹿肉ペットフード 4種類詰め合わせセット』『人とペットの非常食 SONAE』

「父の生まれた長野県で選んでみます。えーと、これがいいかも! 長野県小諸市の『小諸産鹿肉ペットフード 4種類詰め合わせセット』。麻布大学獣医学部と共同研開発したというストーリーも信頼できますね。高タンパク低カロリーの鹿肉は、犬の健康を考える上で理想の食材。ニホンジカが主原料で、ジャーキー、レトルト、ドライフード、アキレス腱までそろうなんて贅沢! 『人とペットの非常食 SONAE』は、人と動物、両方の非常食になるというのが嬉しい。玄米と馬肉と野菜が入った無添加のレトルトで、1年常温保存できるなんて夢のようですね」

左から『【6袋×3回定期便】犬の無添加おやつ☆お砂糖不使用 旬のドライフルーツ定期便』『ペットのおやつ+香南市のお野菜詰合せ』

「ほかにも、『【6袋×3回定期便】犬の無添加おやつ☆お砂糖不使用 旬のドライフルーツ定期便』は、砂糖不使用で噛み締めるほどにイチゴ、ブルーベリーの甘みがじんわり。売上の一部が、動物愛護活動に寄付されるのはうれしい! 高知の旬で美味しいお野菜とペットのおやつが届く『ペットのおやつ+香南市のお野菜詰合せ』もいいですね。めずらしいお野菜にも出合えるし、犬たちのジャーキーセットまであるなんて一石二鳥(笑)」

『ペットのおやつ+香南市のお野菜詰合せ』のジャーキーをみんなで食べてみました

動物にも地域にも“愛”を!

 動物との暮らしをセンスアップしてくれる、優良なお礼の品がそろう「ふるさとチョイス」。その品ぞろえにあらためて驚きながら、最後に大日方さんはこう語ってくれた。

「納税が国民の義務ならば、その使い道を自分で決められるなんて素敵なことだと思いませんか? 最初は動物保護団体の力になりたいという気持ちで始めたものが、3年経ち、5年経ち、いまでは地域応援という気持ちも強くなってきています。言葉にすると恥ずかしいけど、ふるさと納税で愛を送っているのかも。でもね、興味のきっかけは「お礼の品がほしい」でいいと思うんです。だって本当にそうだから(笑)。『ふるさとチョイス』でふるさと納税、絶対に楽しいですよ。この私が保証します」

 大日方さんがおすすめする「ふるさとチョイス」やふるさと納税の詳しい情報はこちらをご覧ください。

ふるさとチョイスとは?
えらべるお支払い方法
あなたに知ってほしいふるさと納税
ふるさと納税が初めての方
ふるさと納税とは?

(文・本庄真穂/写真・中西真基)

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。