高齢犬の健康を考えるイベント 260匹が“犬鹿島”でのびのび

ドローンによる記念撮影に参加する来場者
ドローンによる記念撮影に参加する来場者

 高齢化するペット犬の健康を考えるイベントが17日、愛媛県松山市北条沖の鹿島であった。約600人が260匹の犬を連れて参加した。

 北条地区のまちづくりを進める「風早(かざはや)活性化協議会」が、車の通らない鹿島で犬とゆっくり過ごしてもらおうと「犬鹿島(いぬがしま)プロジェクト」と銘打って開催。島の広場を会場に、犬と飼い主が一緒に参加する「借り物競走」や犬に関する○×クイズ大会、動物専門の看護師による犬の介護講座などが開かれた。

「借り物競走」で「立ち耳の犬」のお題のプレートを引いた参加者(左)が会場で見つけた犬とその飼い主と一緒にゴールをめざした
「借り物競走」で「立ち耳の犬」のお題のプレートを引いた参加者(左)が会場で見つけた犬とその飼い主と一緒にゴールをめざした

 松山市の主婦八木美佐さん(52)は、昨年保健所から引き取った老犬のシーズーを連れて参加。「いろいろな犬に会えるので楽しかった。病気をしているが、楽しく過ごさせてあげたい」と話していた。
(寺田実穂子)

【関連記事】犬の老化のサインを見逃さない! チェックして、健康で長生き

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。