警察犬「いっちゃん」、不明男性発見でお手柄 おもちゃで表彰

表彰された警察犬のいっちゃん
表彰された警察犬のいっちゃん

 兵庫県朝来市で行方不明になった高齢男性の捜索活動で、警察犬の粘り強さが男性の早期発見につながった。お手柄の警察犬は、ラブラドルレトリバーの「いっちゃん」。朝来署の浜田誠志署長からは、表彰状と骨型のおもちゃを贈られた。

 いっちゃんの本名は「M―スピリッツ号」という。好奇心旺盛なオスのラブラドルレトリバーで3歳。警察犬には、民間で飼われている「嘱託」と、警察の「直轄」があるが、いっちゃんは県警直轄12頭のうちの1頭で、シェパード以外の犬種としては初めて、2016年秋に採用された。

 神戸市須磨区の県警本部直轄警察犬訓練所で待機するいっちゃんに、出動要請があったのは10月1日午後0時40分ごろ。朝来市の男性(72)が、午前10時半ごろ自宅から散歩に出たきり、戻らないという。

 山に迷い込んだり、川に転落したりしていることも考えられる。正午ごろから朝来署員12人が捜索をしているが行方はつかめず。さらに、急に雨が降り出し、男性が低体温症に陥る恐れもでてきていた。

 いっちゃんは男性宅に午後3時ごろ到着し、男性の寝間着の臭いをかぐとすぐに捜索を開始。しかし、雨は上がったが臭いはすでに流れ、警察犬といえども、男性の足取りを追うことができない状況だった。

 それでもいっちゃんは諦めず、周辺の道を2キロほど歩いてまわったところで、突如、鼻を地面に付けだした。そして川の土手を駆け上がると、川沿いを歩いている男性がいた。いっちゃんが捜索に加わってから約35分。男性の新しい臭いをつかみ、無事に男性を見つけることができた。

ペアの平瀬巡査長とじゃれあう「いっちゃん」
ペアの平瀬巡査長とじゃれあう「いっちゃん」

 いっちゃんは17年秋からこれまで約2年間で約280回出動し、実際に行方不明者を見つけたのは今回で3回目という。

 ペアを組んできた鑑識課の平瀬篤巡査長によると、いっちゃんは他のシェパードたちに比べ、落ち着きがなく、ものを覚えさせるのに何度も練習が必要だったという。一方で「やる気は他の犬より旺盛」といい「捜索では持ち前の粘り強さが発揮できた。もうすぐ4歳で働き盛りの時期を迎える。活躍に期待したい」とねぎらった。
(岩田恵実)

【関連記事】警察犬ヤール号、4度目の表彰 行方不明者の発見に貢献

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。