ヤマト運輸のキャラクター、28年ぶり刷新 親子のクロネコは?

リニューアルされた新デザインの「クロネコ・シロネコ」
リニューアルされた新デザインの「クロネコ・シロネコ」

 宅配大手のヤマト運輸を傘下にもつヤマトホールディングスは1023日、グループのキャラクター「クロネコ・シロネコ」を28年ぶりにリニューアルすると発表し、デザイン画を公開した。

 今年1129日にヤマトグループが創業100周年を迎えるにあたることからリニューアルを決めた。新キャラクターのデザインは、JR東日本の「Suicaのペンギン」や千葉県の「チーバくん」などで知られるキャラクター作家の坂崎千春さんが手がけた。

 発表に際しコメントを寄せた坂崎さんは、今回の制作について「シンプル」「親しみやすさ」「調和」の3つを大切にしたと説明。クロネコは上半身を鍛えたマッチョな体形、シロネコは下半身がふっくらしたかわいいフォルムで、「ふたり並んだときに調和がとれるようにした」という。

 同社は「新しいキャラクターがこれまで以上に長く、深く愛される存在となることを目指したい」とし、今後は広告や販促グッズなどに幅広く活用する考えだという。

 ヤマト運輸といえば、子猫を口にくわえたクロネコのロゴマークがおなじみ。実はこれは59年前にデザインを担当した社員の当時6歳の長女の絵をヒントにしたもので、3年前、この絵の実物が同社の倉庫でみつかって話題になった。

 このロゴマークは変更せず、トラックや段ボール箱などで引き続き使用するとしている。

【関連記事】クロネコマークの原案を発見 社員の6歳娘が描く ヤマト運輸

sippoのおすすめ企画

猫の寄生虫、どんな子も迎える前に検査・駆虫の習慣を 獣医師と保護猫のプロに聞く

「保護猫」を家族に迎える人が増えています。外暮らしを経験したことのある猫の場合、寄生虫への注意が必要です。獣医師と保護猫のプロに聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。