他人の猫を連れ去り、虐待し殺した罪で容疑者を起訴

 他人の猫を連れ去って虐待し、殺したとして富山地検高岡支部は3日、無職新村健治容疑者(52)=富山市布目=を器物損壊と動物愛護法違反の罪で富山地裁高岡支部に起訴し、発表した。地検は認否を明らかにしていない。

 起訴状によると、新村容疑者は5月19日午後1時半ごろ、富山県射水市内で猫1匹を連れ去り、同月23日ごろまでに、自宅でえさを与えず、棒で腹を突くなどして虐待し、殺したとされる。

 捜査関係者によると、新村容疑者は「十数匹殺した」「死体は用水路に捨てた」などと話しているという。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!