飼い猫1匹盗んだ疑いで男を逮捕 「他にも十数匹盗んだ」

 猫1匹を盗んだとして射水署は13日、富山市布目の無職、新村健治容疑者(52)を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。盗んだ猫については「死んだので用水路に捨てた」と話しているほか、「他にも十数匹盗んだ」との趣旨の供述もしているという。同署は詳しい動機を調べるほか、動物愛護法違反などの疑いでも捜査することにしている。

 同署によると、新村容疑者は5月19日午後1時半ごろ、射水市内の路上で近くの男性の飼い猫1匹を盗んだ疑いがある。新村容疑者は「エサで猫をおびき出して捕まえ、車で自宅まで連れていった」と話しているという。飼い主の男性が同日、同署に被害届を出していた。

 新村容疑者は「猫にエサを与えなかった」「棒でつついた」などとも供述しているという。同署は、新村容疑者宅からケージや金属製の棒数本を押収した。

 新村容疑者が盗んだとされる猫の飼い主の男性によると、5月19日ごろ、飼っていた猫がいなくなり、近くの住民から、新村容疑者に似た男が猫を車に乗せるのを見たと聞いたという。1年前にも自宅近くで新村容疑者と思われる男が家屋をのぞきこむなどしていたため、声をかけたところ「猫が好きなので見ていた」と答えたという。

 男性は今月になって、動物愛護団体のメンバーらと新村容疑者宅を訪れた。新村容疑者は猫を連れ去ったことを認めたほか、「50匹以上殺した」などという話もしたという。

 男性は「悲しいし、他の猫たちも心配。こんなことは二度と起きてほしくない」と話した。
(田島知樹、田添聖史)

【関連記事】
目印はハート、連れ去られた子猫無事発見 男に罰金命令
虐待・遺棄された猫が心を開いた 「やさしい記憶」を皆で上書き

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集 「めざせ20歳!服部幸先生の猫塾」大阪で開催

猫の飼い主さんなら是非知っておきたい、自宅でできる健康管理の方法や、気をつけるべき数値を学びます。正しい知識を身につけて、20歳を目指しましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!