オークション通じ、問題ある犬猫ブリーダーに勉強の機会提供

子犬・子猫が取引されているオークション(競り市)
子犬・子猫が取引されているオークション(競り市)

 犬や猫を繁殖させるブリーダー(繁殖業者)。劣悪な環境で飼育する業者の存在など問題も指摘されています。ブリーダーの質向上に取り組む「ペットパーク流通協会」の上原勝三会長と、先々を考えつつシェパードをブリーダーから迎えた料理研究家の藤野真紀子さんに話を聞きました。

◇       ◇

「量から質への転換が必要」 上原勝三会長

 子犬・子猫のオークション(競り市)である「関東ペットパーク」を立ち上げたのは1995年です。マスコミが火を付けたペットブームにより、ペットを飼うことが「当たり前」の時代になりつつありました。小売店で、10万~20万円の単価で数が売れる商品というのはなかなかなく、ホームセンターや百貨店などがこぞってペットショップをテナントに入れるようになっていました。

 いまではブリーダー(繁殖業者)、オークション、ペットショップの3者による、日本独特の生体販売のシステムができあがっています。

 この中で問題を起こしているのは多くの場合、2000年代半ば以降、オークションでの取引価格がそれまでの倍程度に上がり始めたのを見て新規参入してきたブリーダーの限られた一部です。限られたスペースの中でなるべく多くの子犬・子猫をつくろうとし、何段にも重ねたケージの中で劣悪な飼育をしています。犬猫を適正に飼育するための勉強や取り組みを、自発的にはしようとしません。

 こうした問題業者への対応は、これまで作り上げてきた、日本独特の生体販売システムの中でこそ解決できます。ブリーダーは横のつながりが希薄なので、特にオークションが果たす役割は大きいです。14年に14カ所のオークションで「ペットパーク流通協会」を立ち上げ、状況改善に取り組んでいます。

 私のところでは、保険会社やペットフード会社、製薬会社などの協力を得て、出入りするブリーダーに勉強する機会を提供し、遺伝性疾患や感染症への対策ができているかどうかチェックしています。

 また、ケージに入れっぱなしではなく、犬や猫が自由に動き回れるように「平飼い」するほうが、繁殖効率が上がることなども教えています。平飼い飼育をしているブリーダーが出品する子犬・子猫のほうが発育や質がよいため、明らかにオークションでの評価が高く、いい価格がつきやすいことも伝えます。問題業者を排除するのではなくあえて受け入れ、オークションが教育機能を担うのです。この数年でブリーダー全体の質はかなり向上した自負があります。

 ただ、いまのやり方が未来永劫(えいごう)続くとは思っていません。業界全体として、さらに変わっていく努力をしないといけません。求めるものを、量から質へと転換していくことが何より必要です。

「ブリーダーの下で社会化」 藤野真紀子さん

リビングでくつろぐルイと藤野真紀子さん
リビングでくつろぐルイと藤野真紀子さん

 いま69歳。これから子犬を飼い始めていいものかどうか、たいへん迷いました。でもこれまで長く、ジャーマンシェパードという犬にこだわってきて、「人生最後の犬」としてルイを迎えました。我が家のシェパードとしては3代目になります。

 ルイは、トレーナーもやっているブリーダーさんから譲ってもらいました。この年齢で飼い始めるので、重視したのは毛色や姿形の美しさではなく、性格です。そのため、ブリーダーさんのもとにいる両親犬を徹底的に見ました。母犬はフレンドリー、父犬はおだやかという性格を確認し、さらに祖父母の代の性格まで聞き取りました。そうして、9匹生まれた中で、一番おっとりした性格のルイを迎えると決めました。

 「生まれた」と聞いた日から、週1回のペースでブリーダーさんのもとに通いました。そこで母犬、きょうだい犬、ほかの犬たちと社会化していく様子を確認しました。また、私自身も含めてブリーダーさんのところに出入りしている人間たちとも、しっかりふれ合わせてもらいました。そうして昨年夏、12週齢でルイは我が家にやってきました。

 うちに来てからは、定期的にトレーニングに通っています。ここまでやってはじめて、犬、とくに大型犬は、人間社会のなかで幸せに生きられるのだと思います。ルイは穏やかで優しいシェパードに育ってくれていますが、そう育てることが、飼い主の責任の一つなのです。

 いまルイのほかに、2匹の保護犬を含め計6匹と暮らしています。女性の平均寿命は87.26歳(2017年、厚生労働省調べ)。私も85歳までは元気に生きるつもりですが今回、娘とも話し合いました。私に何かあったときには、娘が必ず犬たちを引き取り、面倒を見てくれることになっています。

【関連記事】
犬や猫とのこれから 出会い方どうなる?ペットをめぐる環境は

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!