1匹でも多く救いたい 保護猫と触れ合い引き取れる施設オープン

キャットタワーにのぼる保護猫たち
キャットタワーにのぼる保護猫たち

 保護猫と触れ合い、引き取ることもできる施設「保護ねこるーむBoron(ボロン)」(徳島県藍住町矢上、090・1324・2714)が今月3日、オープンした。立ち上げたのは保護活動に取り組む女性ら。一匹でも多くの命を救うのが狙いだ。

 学習塾などが入る2階建てビルの1階。入り口で手を洗い、部屋の扉を開くと大きなキャットタワーが目に入った。上段や中段、カーペット敷きの床の真ん中にも、猫、猫、猫。壁際のソファに座ると、2匹が近寄ってきた。運営メンバーの一人、木村浩恵さん(52)は「ここは保護猫たちが本当のおうちを見つける出会いの場。時間をかけて触れ合って、相性を確かめて」。

 オープン初日には6匹いたが、その日のうちに3匹に譲渡希望者が現れた。来月には子猫が仲間入りし、10匹ほどと会えるようになる。

 運営するのは、ペットに関する資格を持つ木村さんら4人で、一部は一般社団法人「動物愛護協会フィリアネット」(徳島県板野町)のメンバー。徳島県動物愛護管理センター(神山町)から引き取ったり、町中などで保護したりした猫を自宅で預かって、新しい飼い主を探す活動を続けている。

保護猫をひざにのせる木村浩恵さん(左)ら
保護猫をひざにのせる木村浩恵さん(左)ら

 ただ、メンバー1人が同時期に世話できるのは2、3匹。カフェや貸しスタジオで開く譲渡会では猫をケージに入れておく必要があり、猫と引き取り希望者がじっくりと触れ合えないのが課題だった。より多くの猫を保護し、引き取り手にも猫の魅力や性格を十分に知ってもらおうと、この施設を開くことにした。利用料金は猫のえさ代や治療費に充てている。

 木村さんは「猫を引き取れなくても、触れ合うだけでも『猫助け』になる。ぜひ足を運んでほしい」。オープンは金、土、日曜の午前11時~午後6時。料金は60分1千円▽90分1300円(中学生以下半額)など。入室時は靴下をはく。猫を引き取る場合、不妊・去勢手術やマイクロチップ装着費用など2万5千円が必要。詳細はホームページ

 県動物愛護管理センターによると、昨年度センターに収容された猫は295匹。一部は飼い主の元に戻ったり、新たな飼い主に引き取られたりしたが、222匹が殺処分された。
(佐藤祐生)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の飼い主さん必見のウェブ講座! 専門の獣医師に学ぶ動画配信中

猫のために絶対に知っておきたい知識を、服部幸獣医師から学ぶウェブ講座です。猫のお手入れ方法から、防災、病気までもりだくさん。猫飼いベテランさんから初心者さんまで「目からウロコ」の人気講座を、自分のペースでじっくり学びましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。