猫好き夫婦宅 お嬢さま猫の下に、わんぱく子猫がやって来た

   猫にはそれぞれ性格があり、猫同士の関係や年齢でも変化もする。猫好き夫婦のもと、お嬢さまだったメス猫の下に、わんぱくな子猫がやって来た。小さなアクシデントはあっても、夫婦はおおらかに見守っている。

(末尾に写真特集があります)

会社員の河野真幸さんと綾乃さん夫妻は、神奈川県内のマンションで、3匹の猫と暮らしている。

「黒猫が我が家の長男の『くろ』で、むぎわら模様が長女の『あたし』。いちばん大きな猫が末っ子の『寿一郎』です」

 猫の柄のTシャツ姿の真幸さんが紹介してくれた。会社にも猫Tシャツを着ていくというほどの猫好きだ。

 夫婦はもともと同じ職場の同僚。2匹の猫を飼う真幸さんと、幼い頃から実家でたくさんの猫と暮らしてきた綾乃さんは、出会うとすぐに意気投合した。交際1年後に同棲し、それから1年後に入籍した。結婚して3年、“猫ファーストな生活を続けている。

「共働きで2人とも普段家にいないので、休みの日は猫とべったり」

「私たち、猫と過ごしたいため、新婚旅行も行っていません、旅より猫(笑)」

「あたし」は「くろ」の後に来たの
「あたし」は「くろ」の後に来たの

猫同士の関係は…

   一番古株の黒猫「くろ」を迎えたのは、結婚の3年前、真幸さん36歳の時だ。大阪勤務から東京本社への転勤が決まったのがきっかけだった。それまで実家のマンションが猫不可だったため、一人暮らしをしたら、猫を飼おうと決めていたという。

「猫可物件を選びました。黒猫が欲しくて周囲に声をかけたら、後輩の家の庭に出入りしていた1歳くらいの『くろ』がいて、引き取ったんです」

   その半年後、別の同僚から「知り合いが猫を保護した」と聞き、2匹目の「あたし」を迎えた。

   セオリー通り、後から来た「あたし」を1週間ケージで入れて飼い、先住の「くろ」が受け入れるのを待った。2匹はすぐに仲良くなった。

「あたし」は、もともと「ココ」という名前だった。あまりに真幸さんにあたし、あたしを見て~というように猛アピールしてきため、「あたし」に改名したのだという。

 そんなお嬢さま猫「あたし」をうまく立てつつ、“男1人と猫2匹”の暮らしは平和に過ぎた。そこに綾乃さんが加わった。“新入り”に対する2匹の態度は違ったという。

「『くろ』は“ママ、ママー”というように甘えてくるのに、『あたし』はそっけない(笑)。ツンデレというより、おっとり系なんですが、“女同士”の関係が微妙でしたね」

末っ子「寿一郎」が来て一層賑やかに
末っ子「寿一郎」が来て一層賑やかに

結婚を機に迎えた末っ子

 夫婦は入籍が決まると、記念に「もう1匹飼おうか」と話しあった。迎えたのは、オシキャットの子猫。ヒョウ柄のヤマネコのような見た目の猫だ。

「野性的な感じの猫に憧れて。『寿一郎』というおめでたい名前をつけました。フレンドリーで穏やかな子で、先住の2匹にはすぐに慣れて、とくに『あたし』にくっついたんです。やはり“異性”同士のほうが仲良くなるのかしら(笑)」

 夫妻はおおらかに3匹を見守った。生後2カ月でやって来た「寿一郎」はどんどん大きくなり、“俺が俺が”と主張が目立つようになった。一方「あたし」は姉らしく一歩引き、末っ子に静かに寄り添った。

弟の面倒を見る優しい「あたし」(河野さん提供)
弟の面倒を見る優しい「あたし」(河野さん提供)

お姉さん猫がケガ

 そんなある日、「あたし」にアクシデントが起きた。朝起きると、右の前脚をひきずっていたのだ。

「どうしたんだろう」「どっかから落ちたのかな、あっ、もしかしたら……」

   急いで動物病院に連れて行き、レントゲン検査をすると、肩を脱臼していた。

「獣医さんは『誰にやられたのかな?』と言いました。わんぱく盛りの『寿一郎』がおっとりした姉貴を押したのではないかと……。お見通しでしたね」

「あたし」は前脚をテーピングで固定してもらい、1カ月もすると、元通り歩けるようになった。その後もヤンチャな弟を可愛がり、一緒に寝ている。時には「くろ」と「寿一郎」の男同士の間にわって入り、場をやわらげる役も担っているという。

河野さん夫妻と個性豊かな3匹「じゅいくん、前向いて」「僕いま忙しいんだ」
河野さん夫妻と個性豊かな3匹「じゅいくん、前向いて」「僕いま忙しいんだ」

「個性それぞれの3匹が、僕らにとって大事な存在。これからキャットウォークなんかも作っていきたい。そのために壁の広いこのマンションを選んだので……」

 夫婦は年末年始も「旅より猫」。猫3匹との暮らしは笑いが絶えない。

(撮影:ケニア・ドイ)

河野さんのインスタグラム
藤村かおり
ペットライター。小説等の創作活動を経て90年代後半から、ペットの取材を手掛ける。2011年~2017年週刊朝日記者、2017年からsippoメインライター。丹念な取材と独自の目線から、動物と人の絆、動物と共に生きる人の心をすくい取る記事に定評がある。ペット関連の著書に『長寿猫』『明日にアクセス』など。現在は保護した黒猫、キジ猫と暮らす。

sippoのおすすめ企画

病院が苦手なネコも、健康のために定期的に動物病院で受診しましょう。Instagramで動物病院の写真投稿を募集中!投稿1件につき100円を不幸な猫のために寄付します。

この特集について
ペットと人のものがたり
ペットはかけがえのない「家族」。飼い主との間には、それぞれにドラマがあります。犬・猫と人の心温まる物語をつづっています。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。