チョコや青魚はNG! 猫に食べさせてはいけない食べ物

猫にも気をつけなければいけない食べ物がある
猫にも気をつけなければいけない食べ物がある

「食べること」は、生きるために必ずしなければならない行動です。ところが、時には「食べたこと」で、生命が脅かされてしまうこともあります。人間が「毒キノコ」や「フグ」などを食べて中毒になることがあるように、猫にとっても、食べることで体調を崩したり、命の危険にさらされたりする「気を付けなければいけない食べ物」があります。ここでは、猫にとって危険な食べ物についてご紹介します。

猫にも「食べると害になる魚介類」がある

「猫は魚が好き」というのは、古くからしきりにいわれていることです。猫が魚をくわえているイラストや、魚型の猫用おやつなどを目にする機会も多いと思います。

 ところが、実際に猫にとって「魚は食べてもいい物」であるかというと、そうとは言い切れません。魚介類の中には、猫にとって害になってしまうものもあるのです。

○青魚
 アジ、サバ、イワシなどの青魚は、「猫がくわえている」イメージのある魚ですが、実は、食べすぎると危険な食べ物のひとつです。青魚には不飽和脂肪酸がたくさん含まれていて、ビタミンE不足のときに食べることで体内の脂肪を酸化させてしまうのです。すると、下腹部が膨らむ「黄色脂肪症」という病気の原因になります。おなかを触ったときに、痛がったり、怒ったりという様子が見られたら、病院で獣医師の診察を受けてください。

○貝
 アワビ、サザエ、トリガイ、トコブシなど、海藻を食べる貝も危険です。このような貝を食べた後で日光にあたると、皮膚炎が起こってしまうことがあるのです。特に、体毛の薄い耳は症状が出やすくなります。耳の縁に炎症が見られたら、家族が貝をあげたりしていないか確認してみましょう。

○イカ
 イカは、「猫に与えてはいけない」といわれることも多い魚介類です。これは、イカに含まれる酵素がビタミンB1を分解してしまうためです。「猫にスルメを食べさせると腰が抜ける」という言い伝えがありますが、これは具合が悪くなった猫が、じっと静かにして回復を持っている習性によるものです。

 これらの魚介類は、「少しでも食べたら死んでしまう」というわけではありませんが、日常的に与えると、体調不良の原因になってしまいます。日頃から与えないようにしておくことが一番です。

人間が食べるお菓子には猫に危険なものも
人間が食べるお菓子には猫に危険なものも

栄養たっぷりの野菜にも注意が必要

 よく、「健康のために野菜を食べよう」といわれます。確かに、人間にとっての野菜には、健康を維持するために必要な栄養素がたくさん含まれています。

 ところが、人間が日常的に食べている野菜の中にも、猫にとっては危険なものがたくさんあるのです。何気なく「お裾分け」してしまわないように気を付けましょう。

 栄養満点のように思えるほうれん草も、猫にとっては結石の原因になってしまいます。また、長ねぎや玉ねぎ、にら、にんにくなどのネギ属は赤血球を壊しますし、アボカドも猫にとっては中毒症状を引き起こす危険な食べ物です。

 さらに、観葉植物にも注意が必要です。猫は植物の味を細かく感じ取ることができません。そのため、猫草を食べるのと同じように、観葉植物を食べてしまうことがあるのです。ところが、観葉植物の中には、猫にとって害になるといわれている物がたくさんあります。猫の安全のためにも、観葉植物は部屋に置かないようにしましょう。

■猫に危険なお菓子がある

 人間が「おいしい」と感じるお菓子の味は、猫にとっては、塩分や糖分が多すぎるものばかりです。「少し分けてあげよう」という親切心は、かえって猫の体に負担をかける原因となってしまいます。

 そんなお菓子類の中でも、命にかかわることもある「非常に危険な食べ物」については、特に理解を深めておく必要があります。

○チョコレート
 カカオ分の高いチョコレートを食べると、独特の苦みを感じます。この苦み成分は、猫にとっては過剰に神経を刺激してしまうもので、多量に摂取すると命の危険があります。板チョコ1枚程度であっても死んでしまうおそれがありますので、猫の届かない場所に保管してください。

○キシリトール入りのガムやタブレット
 ミント系タブレットやガムなどによく含まれている甘味料「キシリトール」は、猫の血糖値を急激に下げてしまいます。板状のガム1枚でも危険ですから、絶対に食べさせないようにしましょう。万が一にも誤飲した可能性があるときは、すぐに病院へ連れて行ってください。

○ピーナッツ
 ピーナッツには、猫にとっては多すぎる塩分やマグネシウムが含まれています。ミネラルのとりすぎは猫にとって結石の原因になりますから、与えないようにしてください。もちろん、ミネラルウォーターなども猫にとってプラスにはなりません。普通の水道水をあげるようにしましょう。

 このように、ごく一般的な食べ物の中にも、猫にとっては危険な物がたくさんあります。多量に食べさせなければ問題ないものもありますが、癖になってしまうとよくありませんから、そもそも与えないのが一番です。

 家族全員が、猫にとって危険な食べ物をしっかりと理解して、猫が安全に暮らせる環境を心掛けていきましょう。

「飼い猫のひみつ」
著者:今泉忠明/発行:イースト・プレス/価格:800円+税/新書判、212ページ
「猫はふしぎ」
著者:今泉忠明/発行:イースト・プレス/価格:760円+税/新書判、192ページ
監修:今泉忠明
動物学者。日本動物科学研究所所長。1944年、東京都生まれ。上野動物園の動物解説員、「ねこの博物館」館長などをへて、現在は奥多摩や富士山の自然調査に取り組んでいる。監修に『おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』(高橋書店)など、ほか著書多数。

sippoのおすすめ企画

猫の飼い主さん必見のウェブ講座! 専門の獣医師に学ぶ動画配信中

猫のために絶対に知っておきたい知識を、服部幸獣医師から学ぶウェブ講座です。猫のお手入れ方法から、防災、病気までもりだくさん。猫飼いベテランさんから初心者さんまで「目からウロコ」の人気講座を、自分のペースでじっくり学びましょう!

この特集について
猫の不思議
猫の行動やしぐさは、人間から見ると不思議だらけ。そんな猫の生態を、動物学者の今泉忠明さんが解き明かします。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。