広がる「地域猫」活動、続く模索 猫に抵抗感が強い住民も

飼い主のいない猫が空き地に集まっている=福岡市南区、住民提供
飼い主のいない猫が空き地に集まっている=福岡市南区、住民提供

 飼い主のいない猫に不妊・去勢手術を施し、地域で育てる「地域猫」活動が福岡県内各地で広まっている。自治体から支援が得られ、殺処分も減るなど一定の成果が出ている。ただ、猫に対して抵抗感の強い住民もいて、地域の模索は続く。

野良猫が大繁殖、餌やりルールを導入

 野良猫と違い、住民らが周辺住民の理解を得たうえで世話をするのが地域猫だ。餌やりやトイレなどのルールを決めて、地域猫となった猫には不妊・去勢手術を施す。

 9月中旬、福岡市南区のある地区で市が開いた、地域猫活動の説明会には住民18人が集まった。

 この地区では野良猫に餌をやる家が複数あり、猫が大繁殖。20匹以上がごみをあさったり、庭や花壇を荒らしたりと住民を困らせていた。

時間になると、住民らが設置した餌場に猫が集まってくる=福岡市南区、住民提供
時間になると、住民らが設置した餌場に猫が集まってくる=福岡市南区、住民提供

 住民の一人の女性(54)は今年6月、市に相談。さらに回覧板を使って住民に呼びかけ、話し合う場を持った。猫に餌をやっていた住民とも話をして、「餌やり場とトイレを置く」「餌やりは朝夕2回に固定し、餌をやる人も限定する」などのルールを決めた。

 説明会では、ある女性が「他の地域から猫がやってくるのでは」と質問。市の担当者は「猫が来ても餌をやらなければ居着くことはありません」と答えた。事前に住民らが配ったアンケートで地域猫活動に賛成する回答は8割を超えたことが報告された。

 毎日のように庭にフンをされて困っていたという60代の女性は「トイレが設置されてから、ほとんど被害がなくなった」と話す。自宅に猫用トイレを置いてもかまわないと申し出る人も現れた。

地域猫活動が始まれば、不妊・去勢費用を市が負担も

 地域猫への行政の支援は、野良猫が増えてフンなどに悩まされる状況を改善しようと、横浜市や東京都の一部地域で2000年ごろから始まった。

 福岡市では09年からスタート。要望があった地域で市が説明会を開いている。住民の合意を得て、地域猫活動が始まれば、通常1万~3万円の不妊・去勢手術を市が全額負担。耳の先をカットして野良猫と区別する。県も14年から同様の支援を始めた。

市が不妊・去勢手術を施した地域猫は、耳をV字にカットする。オスは右耳を、メスは左耳をカットし、雌雄もわかる仕組みだ=2010年、福岡市家庭動物啓発センター提供
市が不妊・去勢手術を施した地域猫は、耳をV字にカットする。オスは右耳を、メスは左耳をカットし、雌雄もわかる仕組みだ=2010年、福岡市家庭動物啓発センター提供

 県などによると、地域猫活動に取り組んでいるのは今年3月時点で20市町131地域。地域猫は3千匹を超えるという。

 その効果は猫の殺処分数に表れている。福岡市では活動が始まる前の08年には2734匹だったが、17年には314匹まで減った。殺処分されていた大半は子猫。不妊・去勢手術で子猫の数が減った影響が大きいとみられる。

地域猫活動は「全員が納得するまで説明を」

 しかし、難色を示す声は残る。地域猫活動に取り組む南区の地区に住む70代の女性は、地域猫に反対だ。家の敷地内に入り込んだ猫が畑を荒らすという。「かわいそうだけど、殺処分するほうが確実」。女性は説明会には参加しておらず、市の職員やほかの住民らに相談できていない。

 「とにかく周知を徹底することが大切です」。住民に活動を説明した市家庭動物啓発センターの上田英弘所長(47)はアドバイスする。地域で活動への理解が足りないと「野良猫に餌をやっている人がいる」と苦情が増え、対立が深まることもあるという。「住民全員が納得するまで、繰り返し説明することが大事です」

 地域猫活動を支援する一般社団法人「博多ねこ99ネットワーク」の木本美香代表理事(56)は、地域猫のルールを決めても、守らない人もいると話す。「『餌やり=悪いこと』というイメージは根強い。だからこそ、世話をする人は厳しくルールを守るとともに、ルールを守っていると知ってもらわないといけません」

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。