犬猫10匹以上の多頭飼いは届け出を 名古屋市が条例改正へ

飼いすぎてトラブルになる多頭飼育崩壊が増えている
飼いすぎてトラブルになる多頭飼育崩壊が増えている

 名古屋市の河村たかし市長は26日、犬や猫を多数飼う人に届け出を義務づける制度をつくる方針を示した。増え過ぎて所有者の手に負えなくなる「多頭飼育崩壊」を防ぐのが狙い。早ければ2019年度にも、動物の愛護や管理に関する条例を改正する。

 河村市長はこの日の市議会本会議で、松井良憲氏(自民)の質問に対し「平成の『生類憐(あわ)れみの令』だ。なるべく早く取り組む」と述べた。届け出を怠ったり、劣悪な環境で飼育を続けたりした場合は罰則を盛り込む方針だ。市によると、全国の政令指定市では新潟市や札幌市などに同様の制度があり、届け出の基準を「合わせて10匹以上」としている。

 名古屋市では今月11日、北区の市営住宅の一室で40匹を超える猫を飼っていた女性が強制退去処分になった。猫は市動物愛護センター(千種区)に保護された。(関謙次)

【関連記事】
市営住宅から猫45匹保護 愛護センター「満杯」で困った!

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

病院が苦手なネコも、健康のために定期的に動物病院で受診しましょう。Instagramで動物病院の写真投稿を募集中!投稿1件につき100円を不幸な猫のために寄付します。

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!