目指せ、第8代こにゃん市長 犬猫の立候補を受け付け

インターネット上の仮想都市「こにゃん市」のホームページ
インターネット上の仮想都市「こにゃん市」のホームページ

 滋賀県湖南市のインターネット上の仮想都市「こにゃん市」の第8回市長選の立候補受け付けが始まった。市内在住の飼い犬か飼い猫が対象で、締め切りは3月20日。

 こにゃん市長選は、観光振興を目的に2011年から始まり、市観光協会が主催している。市長の任期は1年で、当選すると市内のイベントに参加して市のPRと動物愛護を啓発する。現市長は、昨年の市長選で市政初の再選を果たしたジュリアーノ(雄猫)が務めている。

 立候補の届け出は、こにゃん市のホームページ(https://www.burari-konan.jp/konyan/shicho-senkyo/)から。名前、性別、年齢と併せて、選挙公約「ニャニフェスト」を登録する。

 投票は21日から4月20日までで、パソコンやスマートフォン、携帯電話から受け付ける。問い合わせは市観光協会(0748・71・2157)へ。

(仲大道)

<関連記事>
「責任持って飼って」ジュリアーノ・こにゃん市長、学校に登場

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。
Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。