「責任持って飼って」 猫市長のジュリアーノ、学校に登場

児童の発表を聞いた後、ジュリアーノ市長の感想を代弁する豊永勝弘さん=滋賀県湖南市下田
児童の発表を聞いた後、ジュリアーノ市長の感想を代弁する豊永勝弘さん=滋賀県湖南市下田

 滋賀県湖南市がインターネット上に設けた仮想都市「こにゃん市」のジュリアーノ市長(雄猫、3歳)が12日、市立下田小学校を訪れ、動物愛護を学習した児童の発表に聴き入った。

 

(末尾に写真特集があります)

 

 こにゃん市は、湖南市観光協会が2011年に立ち上げた仮想都市。毎年インターネット上で「市長選」を実施して市長を選び、今のジュリアーノ市長は7代目。市政初の再選を果たした人気者でもある。イベントを通じて湖南市のPRと動物愛護の啓発をしている。


 下田小は総合学習の一環で、3年生が動物愛護について学んでいる。11月には市内の県動物保護管理センターを見学。この日は45人の児童が8班に分かれて、ジュリアーノ市長らに学習の成果を披露した。


 児童たちは、センターなどに保護されたイヌやネコが16年度1171匹いたことを紹介し、「本当に世話できるか考えて、責任を持って飼うことが大切」「動物に優しくして、うれしがるように育てたいと思った」などと感想を述べた。


 ジュリアーノ市長も3年前、道ばたで倒れていたところを同小の児童に助けてもらった経緯がある。その後近くに住む豊永勝弘さん(71)、町子さん(67)夫妻に引き取られ、飼われている。そんなジュリアーノ市長は発表を聴きながら、時折「ニャー」と相づちともとれる声をあげていた。


 秘書兼通訳の勝弘さんは、ペットが捨てられることについて「もし自分が同じ立場になったら、こんなに悲しいことはない。なくすにはどうしたらいいかを考えることが大事」とジュリアーノ市長に代わって伝えた。木田滉紘(あきひろ)君(9)は「動物の命をもっと大切にしていきたい」と話した。


(仲大道)


<関連記事>
現職の猫市長ジュリアーノ、愛されて再選ニャ! 第7回こにゃん市長選

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の飼い主さん必見のウェブ講座! 専門の獣医師に学ぶ動画配信中

猫のために絶対に知っておきたい知識を、服部幸獣医師から学ぶウェブ講座です。猫のお手入れ方法から、防災、病気までもりだくさん。猫飼いベテランさんから初心者さんまで「目からウロコ」の人気講座を、自分のペースでじっくり学びましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。