ライオンとトラの赤ちゃんが同室! すくすく育つ動物園

ホワイトタイガーのポール(右)に寄り添うように甘えるライオンの赤ちゃん=香川県東かがわ市
ホワイトタイガーのポール(右)に寄り添うように甘えるライオンの赤ちゃん=香川県東かがわ市

 香川県東かがわ市のしろとり動物園で、今年1月下旬に生まれたホワイトタイガーの赤ちゃん「ポール」がすくすくと成長している。1週間遅れで生まれたライオンの赤ちゃんと同じ保育室で育てられ、来園者たちの顔をほころばせている。

 両親は園のナンシー(5歳)とジャッキー(7歳)。1月24日の誕生時は体重950グラム、体長20センチだったが、3月2日の計測時には8・3キロ、60センチと順調に大きくなっている。

 現在は園内の保育室で2月に生まれたライオンの赤ちゃんと一緒に育てられており、昼にはミルクを飲む姿も見ることができる。副園長の松村一史さん(34)は「トラは成長するのが早いので、今のかわいい姿をぜひ見に来てください」と話した。3月中旬には抱っこ会も企画しているという。問い合わせは動物園(0879・25・0998)へ。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。
Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。