空き家に猫の頭部、花壇に下半身…動物愛護法違反の疑い

(画像は本文と関係ありません)
(画像は本文と関係ありません)

 2月15日午前7時45分ごろ、滋賀県長浜市平方南町の空き家で、猫の頭部を管理者の男性が見つけ、110番通報した。滋賀県長浜署によると、空き家前の駐車スペースに、頭部だけがあったという。14日午後4時10分ごろには、同市平方町の民家の花壇で猫の下半身が埋まっているのが見つかっており、署は動物愛護法違反(虐待)の疑いで調べている。

 

<関連記事>

頭のないネコ死体、小学校の玄関近くで発見 刃物で切断した? 動物愛護法違反の疑いで捜査

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

「めざせ20歳!」大人気!服部先生のsippo猫塾、5月スタート

「猫の食事」、「老猫の看取り」などの厳選されたテーマを、「東京猫医療センター」院長の服部幸獣医師から毎月1回、東京・築地で学びます。愛猫が20歳まで生きることを目指して、飼い主として何ができるのか、ぜひこの機会に学んでみませんか。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。