新幹線ホームから犬が落下、運転見合わせ ケージから逃げ出す?

(画像は本文と関係ありません)
(画像は本文と関係ありません)

 13日午後3時50分ごろ、山口市小郡下郷のJR新山口駅で、山陽新幹線のホームから犬が線路に落ち、新幹線が上下線とも運行を一時見合わせる騒ぎがあった。犬は駅員に保護され、無事だった。新幹線は午後4時10分ごろに運行を再開したが、上下線計5本に最大で21分の遅れが出た。


 JR西日本によると、犬は、新幹線を待っていた客の飼い犬で、ケージに入っていたとみられるが、何らかの弾みで逃げ出したらしい。新幹線を待っていた一人が、ホームの非常ボタンを押した。駅員がホーム下の線路にいた飼い犬を確保した。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!